岡崎慎司に強力なライバル出現! レスターが冬の補強第1号で“掘り出しもの”を獲得

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レスターのスカウティング力はプレミア屈指

安価での獲得となったが、レスター地元紙が実力に太鼓判を押すディアバテ。カンテ、マハレズに次ぐ“大当たり”となるか。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグのレスター・シティが、今冬の補強第1号を発表した。フランス2部のアジャクシオから獲得した、マリU-23代表のFWフォッセニ・ディアバテだ。
 
 地元紙の『Leicester Mercury』は、レスターが22歳の注目株に費やした移籍金は200万ポンド(約3億円)と予測。そのうえで、「契約期間は4年半という異例の長さ。有望な若手をフランスから連れてくるレスターが目をつけた、確かなクオリティーの持ち主だ」と評した。
 
 これまでエヌゴロ・カンテ(現・チェルシー)やリャド・マハレズをフランスのクラブから安価で買い取り、岡崎慎司やジェイミー・ヴァーディー、デマライ・グレイ、アルフレッド・ディディら主軸たちも、国内外の中堅クラブから引き抜いてきた。レスターのスカウティング力はプレミアリーグ屈指と言える。
 
 175センチのディアバテはスピード自慢のアタッカー。前線で幅広く機能し、トップ下でもプレーできる。『Leicester Mercury』紙は「機動力があり、クロード・ピュエル(監督)がいかにも好みそうなタイプだ」と検証。レスターは現在、タレント過多であるFW陣の人員整理を進めており、イスラム・スリマニ、ケレチ・イヘアナチョ、レオナルド・ウジョアらの放出がいよいよ現実味を帯びてきた。
 
 1月12日に正式契約したディアバテはさっそく、翌土曜日のプレミアリーグ23節、チェルシー戦の遠征メンバーに名を連ねた。最終的にベンチ入りは果たせなかったものの、フランス人指揮官が高い期待を寄せているのは間違いない。スコアレスドローに終わったチェルシー戦でスタメンを飾った岡崎にとっても、若く勢いのあるディアバテは強力な新ライバルとなりそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24