【町田|新体制】目標は「6位以内!」東京五輪の2020年に向けた布石のシーズンに

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2018年01月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1ライセンスを取得するには、クリアすべきハードルはあるが…。

期待の杉森(下段左から二番目)は「ゴールという結果でチームの勝利に貢献したい」と話した。写真:郡司聡

画像を見る

 1月13日、J2の町田が町田市内で2018シーズン新加入選手会見を実施した。会見の席上、冒頭の挨拶に立った下川浩之代表取締役社長は、今季の目標を「6位以内を目指す」と明言。2016年にJ2復帰を果たして以来、具体的な順位を設定することのなかったクラブにとって、異例の声明となった。
 
 町田は昨年来、2020年の東京五輪の年をJ1で戦うという“青写真”を掲げているため、今回のシーズン目標はその延長線上と言えるもの。町田がJ1クラブライセンスを取得するには、J1規格のスタジアムや天然芝を有した練習環境など、整えるべきハードルがあるものの、現場レベルでまずはJ1昇格に向けた成績面のハードルをクリアしようという気概が反映されている。
 
 このように近未来のJ1昇格を見据えた町田は、10名の新加入選手を迎えた。16歳で名古屋とプロ契約を締結した杉森考起など有力選手を獲得し、中島裕希らセンターラインを形成してきた選手も残留したことで充実の陣容が整った。サポーターからの期待値も大きい杉森は「ゴールという結果でチームの勝利に貢献したい」と話し、目標達成に向けてチームの力になることを誓った。
 
取材・文●郡司聡(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    7月6日発売
    2018ロシアW杯
    日本代表激闘録
    「勇敢なる進撃」
    乾&柴崎ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト
    6月28日発売
    ロシアW杯総力特集
    西野ジャパン
    激闘の舞台裏
    名場面ポスター付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月5日発売
    2018ロシアW杯
    グループリーグまとめ
    欧州有力クラブ
    「刷新プラン全容」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24