【FC東京】G大阪のサッカーを目指すのか? 長谷川新監督が示唆したチームコンセプト

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年01月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「FC東京と言えば、『堅守』のイメージ」

1月13日の始動日にFC東京のファン・サポーターに挨拶する長谷川監督。写真:徳原隆元

画像を見る

 2018年1月13日、FC東京が小平グランドで2018年シーズンのスタートを切った。新シーズンからチームを率いる長谷川健太監督は始動日の練習を終えた直後、囲み取材に対応。「緊張感のある雰囲気のなかでトレーニングができて良かった」と話すと、なぜ自分が招聘されたかについては次のように語った。
 
「私が呼ばれたということはタイトルを期待されている。昨シーズンは過去のJリーグ得点王が3人もいながら、リーグ戦で37ゴールしか取れていない。それだとやっぱり上位にはいけない。今シーズン、どんなサッカーをやるにせよ、点数をたくさん取れるようにしていきたいです」
 
 2018年シーズンにかける意気込みは選手からも伝わってくるという。
 
「今シーズンは変わるんだという意欲というか、意識というか、そういうのは感じられますね。彼らとともにしっかりと準備して、良いシーズンを送れるように戦っていきたいです」
 
 では、長谷川監督はFC東京に対してどんなイメージを持っているのか。
 
「FC東京と言えば、『堅守』のイメージ。面子的にも後ろ(最終ライン)には経験値が高い選手が揃っている。もちろん前にもタレントが豊富なので、そういう意味では遣り甲斐を感じています」
 
 G大阪時代のサッカーをFC東京で再現するわけではない。新監督曰く「自分には自分のサッカーがある」。
 
「ガンバのサッカーはイコール、遠藤(保仁)のサッカーだと思う。だからガンバのサッカーをやるわけではなく、東京には東京の良いところがあるので、そのベースを活かしてチームを作っていきたい」
 
「キャプテンはキャンプが終わって、シーズンが始まる前に決める」という。「キャプテンのタイプはいろいろある。背中で引っ張るタイプもいれば、声をかけるタイプもいる。どの選手にするかは、キャンプで寝食をともにして決めます」。
 
“タイトル請負人”として文字通り期待されている長谷川監督。これまで勝負弱いと言われてきたFC東京にはとりわけ「ゴールへの意識」を植え付けたい。「人に点を取らせてあげようというタイプが多いので、『自分が!』という意識を持ってもらえるようにしたいです」
 
 昨季低迷したFC東京は、長谷川監督の下で復活できるのか。チームにとっても、監督にとっても、大きなチャレンジが始まる。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

201805261224_1.jpg

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    5月23日発売
    これ一冊で丸わかり!
    ロシア・ワールドカップ
    直前ガイド
    出場32か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月24日号
    5月10日発売
    日本代表特集
    「この23人でW杯を戦え!!」
    柴崎岳・独占インタビュー
    クラブダイジェストは大分
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月17日発売
    WSD恒例企画!
    2017-18シーズンの
    BEST PLAYER
    4大リーグ別に徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.24
    5月14日発売
    春の決定版!
    2018高校サッカー
    逸材図鑑300
    必見の好タレントを一挙公開
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24