驚きの事実が明らかに! ベルギーvs日本戦はテロの脅威で中止寸前だった

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「開始1時間前までどうなるか分からなかった」と連盟広報

キックオフ前のスタジアム周辺でそんな騒動があったとは……。舞台裏はかなりピリピリしていたようだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 驚きの事実が、試合後に明らかになった。
 
 現地時間11月14日に行なわれたベルギー代表vs日本代表戦が、テロの危険に晒されていたというのだ。ベルギー全国紙『DH』をはじめ、複数の国内メディアが伝えている。
 
「午後5時半、ブルージュ警察がブリュッセルの関係機関から、情報を得た。今夜のスタジアムでテロ攻撃があるかもしれないと。すぐさま機動警察が出動し、スタジアムをくまなくチェック。ブルージュ市長と主催者側が最終的にはゴーサインを出し、混乱を避けるため、観客にアナウンスをしないと取り決めた。加えて、入場時のセキュリティーを強化したようだ」
 
 試合後、舞台裏を明かしたのが、ベルギー・サッカー連盟のステファン・ファン・ルーク広報だ。
 
「危険がないことを確認しており、ファンは安全に帰路に着いている。だが試合開始1時間前まで、なにひとつ確かなことはなかった。私自身もどんな決定が下されるのか分からなかったんだ。機動警察隊と警察犬がくまなくスタジアムの椅子をチェックして周っていたからね。中止も十分あり得たということだ」
 
 なんとも物騒な話である。何事もなく無事に終わってなによりだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月25日号
    1月11日発売
    J1&J2全40クラブの
    補強達成度&移籍相関図
    セレッソ優勝ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月18日発売
    創刊500号記念
    MESSIとRONALDOの10年
    最高峰に君臨しつづける
    2大クラックのライバル史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24