【川崎】指揮官も勝負を分けると踏んだ「3点目」のPK。キッカー小林が右に蹴った訳は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PKは「自信を持って蹴った」。

今季通算8得点目の小林。この2試合で4ゴールを量産した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ13節順延]川崎 4-1 浦和/7月5日/等々力

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝でも顔を合わせる両者の対決は、川崎が4ゴールを挙げる快勝を飾った。


 勝利の立役者となったのは、2戦連発の小林悠と阿部浩之だろう。16分、まずは阿部のパスから小林がワンタッチで縦に抜け出し、右足で流し込んで先制。前節の神戸戦では、2ゴールを挙げた阿部→小林のホットラインが再び火を噴いた。

 さらに29分、今度は中村憲剛の縦パスに反応した阿部が見事なボールコントロールから左足でゴールを捉える。浦和を相手に前半で早くも2点をリードする。

 ハーフタイム、鬼木達監督は「3点目が勝負になる」と選手たちに話していたようだ。「先に(浦和に)取られてしまったが、よく盛り返してくれた」(鬼木監督)と讃えたように、浦和の槙野智章に1点を返された後に川崎はすぐさま奪い返してみせる。殊勲のゴールを奪ったのはキャプテンの小林だった。

 82分、後方からのボールに抜け出した小林に浦和の遠藤航がファウル。川崎がPKを獲得する。勝負のポイントとなったPKの場面を、小林はこう振り返る。
「今日、息子に『どっちに蹴ったらいい?』って聞いたら『右』って言ってたんで、自信を持って蹴りました」

 その言葉通り、ゴール右を狙ったシュートはポストを叩き、そのままゴールに吸い込まれた。

 この日、先制ゴールをアシストした阿部は28歳の誕生日。小林は、「阿部ちゃんが誕生日だったんで、良いボールをくれると思った。決められて良かった。これからも良いボールをお願いします」と誕生日を迎えた僚友に感謝のコメント。

 また、ここ2試合で4ゴールの量産ぶりには、「去年も夏から調子を上げたんで、またここから上げていきたい」とさらなる活躍を誓った。

【川崎4-1浦和 PHOTO】小林、阿部、長谷川が躍動、4得点を奪い快勝!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    3月22日発売
    ロシアW杯・出場32か国
    戦術&キープレーヤー
    完全ガイド
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月26日号
    4月12日発売
    2018年シーズン J1リーグ
    スキル別最新ランキング
    絶好調の広島&山口を大特集!
    インタビューは伊東純也が登場
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月19日発売
    「データ」で読み解く
    チャンピオンズ・リーグと夏の移籍
    欧州4強大解剖
    メガ「ポジション別・需要と供給」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェスト Vol.23
    1月12日発売
    第96回高校選手権
    決戦速報号
    前橋育英が初優勝!
    全47試合を完全網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24