「メッシと話すのも恥ずかしくて…」ネイマールがバルサ移籍当時を回顧

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイマール、「ブラジルでやってきたことは何も価値がなかった」と苦闘の日々を振り返える。

移籍当初は「恥ずかしかった」とメッシ(右)との関係性を明かしたネイマール(左)だが、今ではプライベートでも親しい間柄となっているという。 (C) Getty Images

画像を見る

 母国のサントスからリーガ・エスパニョーラに挑戦して4年――。今や「MSN」の一角として、バルセロナの顔のひとりとなったブラジル代表FWのネイマールだが、2013年に21歳でサントスから移籍した当初は、ビッグネームを前に気押される時があったようだ。
 
 当時からブラジルでは堂々たるスターとなっていたネイマールだが、初めてのヨーロッパ挑戦は、「ゼロからのスタート」だったと明かしている。ブラジル・メディアのインタビューコメントを、スペイン紙『マルカ』が伝えた。
 
「ブラジルでやってきたことは、ここでは何の価値もなかった。自分の価値を証明し、戦わなければいけない。適応には苦しんだよ。最終的には、チームメートたちや家族、友人たちが助けてくれたおかげで、すべてがうまくいった。彼らのおかげで集中できたんだ」
 
 ネイマールにとってとくに大変だったのは、移籍して最初の1か月だったという。リオネル・メッシやシャビ、アンドレス・イニエスタ、ジェラール・ピケ、ダニエウ・アウベスといったスターたちを前にすれば、緊張するのも当然だろう。
 
「ロッカールームに入ると、あちらを見ればメッシ、反対側を見ればシャビやイニエスタ、ピケ、ダニ・アウベスがいるんだ。まるでテレビゲームの中に入り込んだみたいだったよ。そういった選手たちを(ゲームの)コントローラーで使っていたのに、ある日、その中に飛び込んだんだ。メッシと話すのは恥ずかしかったよ。彼は僕のアイドルだったからね」
 
 だが、今では会話を恥ずかしがるどころか、メッシと親しくなったネイマールは、バルセロナのスターの一員となった。昨年、クラブとの契約を2021年6月まで延長したが、契約解除金は最大で2億5000万ユーロ(約320億9000万円)という破格の金額だった。
 
 ただ、ネイマール本人は、「いずれ母国ブラジルで再びプレーしたい」と望んでいる。しかし、その際のクラブは11歳のときから親しみのある古巣サントスではなく、別のクラブであると示唆している。
 
「フラメンゴでプレーしたいんだ。サントス時代に対戦したとき、僕らが勝っていたのに、フラメンギスタ(熱狂的なフラメンゴ・ファン)は応援を止めなかったからね」
 
 憧れのメッシとバルセロナでプレーする夢を叶えたネイマールは、いつかフラメンゴ移籍という希望も実現させるのだろうか。
 
「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ助っ人列伝 1993-2017
    9月20日発売
    ジーコからポドルスキまで──
    過去25年間の歴代外国人選手
    総勢1916人を一挙紹介!
    オリジナルWCCFカード付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月28日号
    9月14日発売
    2017 J1&J2リーグ
    最終順位大予想
    サガン鳥栖ダイジェストも!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト  責任編集
    9月8日発売
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    欧州選手名鑑の完全決定版!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストVol.492
    9月20日発売
    欧州有力クラブの
    「最終陣容」総チェック
    W杯予選/列強10か国企画も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.21
    7月12日発売
    夏の決定版!!
    インターハイ選手名鑑
    男子出場全55チームを網羅
    1100選手の顔写真&データ満載
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24