Pick Up!

U-20代表の堂安がJ1初ゴールを含む2得点!G大阪が大量6ゴールで大宮を粉砕

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦もJ1初得点。泉澤は移籍後初ゴール。

J1初得点を含む2ゴールを挙げた堂安。写真:川本学

[J1リーグ8節]G大阪6-0大宮/4月21日/吹田S
 
 J1リーグ8節のG大阪対大宮が21日、市立吹田サッカースタジアムで行なわれ、G大阪が6-0で快勝した。
 
 ホームのG大阪は16分、井手口陽介のミドルで先制。さらに41分、泉澤仁が古巣を相手に移籍後初ゴールを見舞い、前半を2点リードで折り返す。
 
迎えた後半もG大阪の攻勢は続き、54分にGKが弾いたこぼれ球に倉田秋が詰めて3点目。
 
 62分に堂安律がエリア外からミドルを沈め、65分にはCKから三浦弦太がヘッド。さらに堂安は77分にも相手DFのコントロールミスを突いてボールを奪い、自身2点目を沈めて6-0とした。堂安と三浦は、嬉しいJ1初得点だ。
 
 一方の大宮は、ハーフタイムに大山啓輔と横谷繁を投入して反撃を狙うも、まったく機能せず。終盤の81分に投入した長谷川アーリアジャスールも沈黙し、良いところがないまま完敗を喫した。
 
 結局、試合は6-0で終了。勝ったG大阪は勝点15で暫定2位に浮上。敗れた大宮は勝点1で最下位と苦境に陥っている。


【G大阪6-0大宮PHOTOハイライト】G大阪が最下位大宮に6ゴールの大勝!


【PHOTO】大阪ダービーの美女サポーターたち♡


Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月13日号
    3月16日発売
    2017年版J1&J2戦術ガイド
    攻守のメカニズムを徹底分析
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェストNo.482
    4月20日発売
    移籍マーケットのからくり
    複雑怪奇な世界を解き明かす
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2017年 J1&J2&J3選手名鑑
    2月8日発売
    サッカーダイジェスト責任編集
    NSK MOOK
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.19
    1月13日発売
    第95回全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    9月9日発売
    2016-2017 EUROPE SOCCER TODAY 詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24