【セルジオ越後】「準優勝」なんて何の慰めにもならない…力不足を痛感したのであれば良い大会だったんじゃないかな

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

南野や堂安がチームを背負ってスターになるのはまだまだ早いよ

日本は連動した攻撃で打開を試みたが、カタールの粘り強い守備を崩し切れなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 カタールは自国開催のワールドカップに向けて、下の世代から地道に強化してきた。もちろん、その成果もあるだろうけど、他国にルーツを持つ帰化選手の存在も大きかった。今はまさに国を挙げてサッカーを強化している段階で、能力の高い選手もどんどん出てきている。

 一方、日本も今大会は冨安や堂安といった東京五輪世代の選手が期待の成長株として取り上げられてきた。とりわけ、冨安への評価は急激に上がったけど、今大会だけでDFの査定をするのは早すぎるよ。引いた相手が多かったから放り込んでくるような攻撃への対処が多くて、実際にそこにはうまくやれていたと思う。ただし、ベトナム戦では10番のグエン・コン・フォンにドリブルで翻弄されかかっていたし、カタール戦でも前半は仕掛けてくる相手に対し、後手に回る場面が多かった。まだまだ、個の対応には課題があったと思うし、今大会で最終ラインのレギュラーに定着したとは言えないよ。

 同じように、昨年の秋からテストマッチで存在感を見せてきた堂安にしろ、南野にしろ、今大会はアジアの相手に対して、誰もが納得できるような結果は残せなかった。彼らはスペースがあれば技術も活かせる。だが、引かれたら苦戦した。メディアはスターを作り上げたがるけど、このチームを背負ってスターになるのはまだまだ早いということかな。
 

 日本は、大会前に中島と守田が怪我でチームを離れ、緊急で乾と塩谷を呼び寄せることになった。また初戦の直前には遠藤が体調を崩して、冨安がボランチをやったり、ちょっとコンディション作りがうまくいっていないようだった。そのあたりのマネジメントも足りなかったと言われても仕方がない。「チーム一丸になって乗り越えた」とかよく言われるんだけど、そういう割に3戦目のウズベキスタン戦から主力組に這い上がった選手もいなくて、どうにか薄い選手層で苦労しながら決勝まで勝ち上がった大会だった。

 決勝トーナメントに入ってからは先制点を取ることで有利な展開に持ち込めていたが、決勝は先に取られるとがっちり守られて、それをこじ開けきれない個の力のなさが目についた。まあ、日本はまだまだ足りないものだらけで力不足だと痛感できたのであれば、良い大会だったんじゃないかな。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ