• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本は教本を破り捨てた!」米メディアが“アジアの常識”を覆した西野ジャパンを大絶賛!

「日本は教本を破り捨てた!」米メディアが“アジアの常識”を覆した西野ジャパンを大絶賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月17日

「ベルギー戦ではナイーブさを露呈したが…」

開幕2か月前の政権交代でバッシングを浴びた日本協会。だが終わってみれば、西野監督のマネジメントがあってこその16強入りだった。(C)Getty Images

画像を見る

「今回のアジア勢はいずれもよく戦ったし、きらりと光るプレーを見せた選手も少なくなかった。だが終わってみれば、グループリーグから生還したのは日本だけである。あのポーランド戦終盤の球回しは大いに批判され、冷笑されたが、彼らのノックアウトラウンドへの執念が突き動かしたもの。実利主義を貫いて、結果を勝ち取ったのだ。とはいえ彼らはベルギー戦の最後の最後で攻撃に枚数を掛け過ぎてしまい、手痛いカウンターアタックに屈する“ナイーブさ”を露呈するのだが……」
 
 次の教訓「誰がスターになるかは分からない」では、開幕前は第3GKだった韓国代表のチョ・ヒョヌの活躍ぶりをフィーチャー。そして5番目が「セットプレーの重要性」で、「今大会の明暗を分けたのがセットプレーの質だった。アジア勢は全体的にまずまずの出来ではあったが、ここをより磨くことで世界との距離はさらに縮まるだろう。攻撃だけでなく守備においてもだ」と論じ、「韓国はその守備対応において問題を抱えたままで、(グループリーグを)勝ち抜けなかった要因のひとつでもある」と分析した。
 
 次回2022年はカタール開催で、言わばアジアの大会となる。はたしてこれからの4年間でアジア・サッカーはどれだけ底上げを敢行できるのだろうか。日本代表がその旗頭のひとつであることは間違いない。
 
【関連記事】
「日本は完全にヤバいチームだった!」英紙記者が“ベルギー戦”を大会ベストゲームに選出!
「日本は誰にとっても“2番目に贔屓”のチーム」米メディアがW杯出場32か国・最終格付けで特大の賛辞!
長友佑都が倒れ込んだ少年に伝えたかったこと。ツイッター投稿の動画が大きな話題に
日本代表23戦士の最新「推定市場価格」をチェック! 乾、大迫、酒井宏の評価が急上昇!
現地直送! ロシアを彩る『美しすぎる』世界のサポーターたち

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ