ブラジルW杯 日本戦の開催都市を巡る|クイアバ(6.24コロンビア戦)

カテゴリ:国際大会

2014年05月30日

ブラジル人から見ても親切で平和な街。

ギマラエス高原の有名な滝「花嫁のヴェール」。

画像を見る

 ぼくはクイアバに4日間滞在したが、郊外の観光地に滝(「花嫁のヴェール」という美しい名前だった)を見に行ったとき、帰りのバスに乗り損ねた。停留所で手を挙げたのに、なぜか無視され、大平原の一本道に置き去りにされたのだ。
 
「まずいことになったなあ」と思ったぼくは、生まれて初めてヒッチハイクをすることにした。
 観光地だから、交通量はそこそこある。ただ、簡単にはいかないだろう、そう覚悟した矢先、あっさりと目の前にポンコツトラックが停まった。
 
「可哀そうな日本人がいたから停まったんだよ。これくらいの親切は当たり前じゃないか」
 そう言って豪快に笑う運転手は、やはりクイアバ出身。聞けばガンバ大阪やヴァンフォーレ甲府で活躍した、パウリーニョの幼なじみだという。
 クイアバ人は親切。パウリーニョもきっといい人に違いない。

クイアバの街並み。

画像を見る

 この連載の第1回で、ぼくはレシフェは「ペリゴ(危険)な街」と書いた。これに倣うならクイアバは「親切の街」だ。ぼくが保証する。
 
 このヒッチハイク体験をサンパウロで知り合った人々に話すと、「ブラジルでヒッチハイクは危ないんだって!」と注意された。でも、その中にクイアバに行ったことがある人がいて、彼が「あの街だったら大丈夫だろうな」と言うと、みんな納得していた。
 
 そう、ブラジル人から見ても、クイアバは親切で平和な街なのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ