「これまでと考え方は変わらず…」森保監督が豪州戦前日会見で語る選手への変わらぬ信頼

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月11日

「流れのなかで最適な判断を」

「まだまだ巻き返しの可能性がある」と語った森保監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10月11日、日本代表の森保一監督が勝負のオーストラリア戦の前日会見を行ない、選手たちへの変わらぬ信頼を表明した。

 カタール・ワールドカップ・アジア最終予選を3試合戦い、1勝2敗の現状については、「我々が厳しい状況に置かれているというのは承知しています。しかしながら、最終予選は全ての試合で厳しい試合になるというのは、事前に予想していたこと」として、「まだまだ巻き返しの可能性がある」と断言した。

 その一方で、森保ジャパンが望む戦い方ができていない現状もある。

 それでも指揮官は、「まずは、これまでと考え方は変わらず、豪州戦へ向けて、我々が勝つためにベストのメンバーを決めて、最善の準備をしていきたい」と選手たちへの変わらぬ信頼を示し、本日行なわれる公式練習を経て「選手たちの動きを確認した上で、明日のメンバーを決めたい」と明かした。

 また、ここまでの戦いについてはこう振り返る。

「戦い方が変わってないように見られますが、毎回対戦相手が違うので、相手のストロングポイントを消して、ウィークポイントを突いていけるように」と臨機応変な対応をしているという。

 さらに、試合中では「状況によってやらなければいけないこと。我々がやりたいことと、その時できることというのはその時にギャップがあると思う。現実的に今できることを、試合に臨むにあたって準備する」
 
 対戦相手となるオーストラリアについては「個々のフィジカルの強さがあり、かつ技術的にも優れているチーム。アーノルド監督は私の元同僚。戦術的にも組織的に戦える良いチーム」と分析している。

「試合の流れを読みながら賢く戦えるようにしないといけない。流れのなかで最適な判断をして、意思統一をしなければいけない」と勝負の一戦へのポイントを挙げた。

 勝負の一戦で選手たちは指揮官の期待に応えるプレーを見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】必勝のオーストラリア戦に向けて練習を実施した日本代表!
 
【関連記事】
危機的状況の今、長友佑都に思い出してほしい。日本代表に必要な“3年前の熱い言葉”【編集長コラム】
多発する横パス、バックパスのミス…豪州戦へ吉田麻也が指摘した修正ポイントは?「そこは確実に改善したい」
豪州戦の推奨スタメンは?|腰の引けた戦いは勘弁。古橋、浅野、伊東の「3本の矢」で裏を狙い続ける【記者の視点】
“勝利しか許されない”オーストラリア戦。森保ジャパンの三大必見ポイント【W杯最終予選】
森保監督解任なら…後任候補はこの3人|日本人指導者にこだわる理由って? 選手はほとんど海外組だけに…【記者の視点】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ