「日本は間違いなくアジア最高。だが…」サウジのフランス人指揮官が森保ジャパンとの大一番に自信!「決勝戦のように戦う」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年10月07日

「日本戦に向けて準備はできている」

サウジアラビアを率いるルナール。18年W杯ではモロッコを指揮した。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月7日に開催されるカタール・ワールドカップのアジア最終予選第3節で、日本代表は敵地ジッダで、サウジアラビアと対戦する。オマーンとの初戦を落とし、もう負けられない日本にとっては、文字通りの大一番だ。

 ここまで2戦2勝のサウジアラビアも、ホームで“本命”の日本を叩きたいと考えているだろう。これまで母国フランスのクラブやアフリカの代表チームで実績を積んだエルベ・ルナール監督は、前日会見で日本戦について次のように語った。中東メディア『ARAB NEWS』が伝えている。

「日本戦に向けて準備はできている。選手たちがこの試合を決勝戦のようにプレーし、最高のパフォーマンスを発揮できることを願うよ。日本がアジアで最高のチームであることは間違いない。だが、チーム全員がこの強い相手に挑戦する勇気を持ってくれることを願っている」
 
 また、故障で2選手が出場できないことを明かしたが、「心配していない。チーム力と精神力でカバーしたい」とコメントした。

 そして、観客の入場制限がなくなり、約6万人のファンの入場が見込まれることについては、「我々にとって、とても重要なゲームであり、6万人のファンの入場で、我々のモチベーションはより高くなる」と語っている。

”日本撃破”に自信を見せた経験豊富な智将が、どのようなプランで臨んでくるのか。注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選サウジアラビア、オーストラリア戦に臨む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 
【関連記事】
【サウジアラビア戦のスタメン予想】“鬼門”のアウェー戦は経験豊富なメンバーで臨む?堂安負傷の2列目は…
「チンチンにされた」冨安健洋が回顧した2年目の“サウジ戦”。その衝撃のスタッツに内田篤人も驚き!「日本がアジアでこんなことは…」
「代表に復帰できると思う」本田圭佑が“元日本の10番”の復活に太鼓判!「ドリブルの質はトップクラス」
「ホンダさん、俺は悲しいよ」内田篤人の“苦言”に本田圭佑が謝罪「アツトには申し訳なかった」
サウジ戦の推奨スタメンは?|タメを作れる大迫をトップ下に置いた『堅守速攻型』【記者の視点】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ