【J1展望】1stステージ・16節|横浜-鹿島|リーグ戦では3連敗中の苦手な鹿島を横浜がどう攻略するか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年06月19日

横浜――注目は藤本のセットプレー。鹿島――柴崎の展開力と飛び出しに期待。

故障者/横浜=仲川、奈良輪、中村、端戸、中町、佐藤 鹿島=ダヴィ、山本 
出場停止/横浜=なし 鹿島=なし

画像を見る

J1リーグ 1stステージ・16
横浜F・マリノス 鹿島アントラーズ
6月20日(土)/16:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
リーグ成績(15節終了時):5位 勝点25 7勝4分4敗 20得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●1トップにアデミウソン、トップ下に伊藤の布陣をテスト。鹿島戦はこの配置で臨むことになりそうだ。
●2週間の中断期間中の練習は、セットプレーの守備に重点を置いていた。G大阪戦、甲府戦と2試合連続でセットプレーから失点しており、修正が必要だ。
●16日の練習で小林が左股関節を痛め、17日は別メニュー調整に。しかし翌日には復帰しており、鹿島戦出場は問題なさそう。
●栗原が復帰し、13日のFC東京との練習試合に出場。鹿島戦でベンチ入りする可能性も。
 
【担当記者の視点】
 鹿島はリーグ戦で過去2シーズン、白星なしの相性の悪い相手だが(1分3敗)、第1ステージ最後のホームゲームだけに、是が非でも勝利を収めたい。
 
 最新チーム事情にもあるように、中断期間は最近の課題であるセットプレーの守備を再確認。一方の鹿島もセットプレーからの失点が多いだけに、CKやFKのチャンスをいかにモノにできるかが、この試合の焦点のひとつとなりそうだ。
 
 その意味では、先発が濃厚で、精度の高いキックが持ち味の藤本の左足に期待したい。
 
 また、今節は伊藤がトップ下に入ると予想するが、CFのアデミウソンとの連係は悪くない。このふたりに両サイドから藤本、齋藤が効果的に絡んだ流動的なアタックで、鹿島ゴールをこじ開けたい。

【J1展望】全9カードの最新情報をチェック!
 
鹿島アントラーズ
リーグ成績(15節終了時):9位 勝点19 5勝4分6敗 22得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●日本代表で定位置を掴んだ柴崎の士気は旺盛。
●骨折しているジネイのスクランブル出場もあるか?
●金崎とカイオが熾烈なポジション争いを展開。
 
【担当記者の視点】
 日本代表でレギュラーの座を勝ち取り、イラク戦とシンガポール戦に先発した柴崎のゲームメイクが勝敗の鍵を握るだろう。シンガポール戦では引いた相手の裏にスペースがなく苦戦したが、Jリーグであそこまで引いてくるチームはない。イラク戦で3点に絡んだような縦への展開力を発揮してくれるはずだ。
 
 柴崎のプレーについて言えば、飛び出しにも注目だ。昨年3月の横浜とのアウェー戦は3-1で勝利し、柴崎も1ゴール・1アシストと活躍した。ゴールシーンはFW顔負けの駆け引きで最終ラインを突破。元日本代表の中澤の背後を取り、オフサイドぎりぎりのタイミングで抜け出してゴールを奪った。
 
 この試合も含めて、横浜にはリーグ戦で3連勝中と相性は良く、今節も勝利を奪いたい。チームとしては、第1ステージの残り2試合を勝って「貯金1」で折り返したいところだ。
 
 また、左足中指の末節骨を骨折しているジネイが6月18日の非公開練習で全体練習に復帰した模様。完治はしていないがベンチ入りの可能性があり、ここぞの場面で投入されるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ