「普段やっていることを出せれば」20歳の谷晃生がA代表初招集!アピールのために強調するのは自然体の姿

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月26日

「いろんなものを吸収して、レベルアップにつなげられるかどうか」

A代表初招集の谷。「自分らしくやっていけたら」と意気込みを語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は8月26日、カタール・ワールドカップのアジア最終予選に臨む日本代表メンバー24人を発表。初選出はひとり。東京五輪で守護神とした活躍したGK谷晃生が、メンバー発表後、オンライン取材に応じた。

「まず率直な感想として、こうやって選んでいただいたことを本当に誇りに思いますし、より大きな責任感を持って、やっていかなければいけないなと感じています。正直、まだ実感がわかないんですけど、普段と変わらず、自分らしくやっていけたらなと思います」

 初招集の舞台は、親善試合ではなくワールドカップ出場をかけたアジア最終予選。その重要性は承知している一方で、「自分としてはまず、しっかりアピールというか、生き残りもそうですし、競争の中に入っていく、そういった気持ちを持ってやっていけたら」と意気込む。

 余計な力みはない。強調するのは自然体の姿。「普段やっていることを出せれば、それが一番、アピールにつながると思います」。自分のプレーの最大値を見せるだけ。「より高いレベルの中で、それを発揮できるかどうか。そして、いろんなものを吸収して、またさらに自分のレベルアップにつなげていけるかどうか。そこが大事」と考えている。
 
 10代から世代別代表の常連で、国際舞台の経験も豊富。アピールはもちろん大事だが、ピッチに立つ可能性もないわけではない。持てる実力は東京五輪でも証明されている。

「やるからには、そこは狙ってというか、またそこもひとつの目標だと思いますし、選ばれたからには試合に出ることも目標にしてやっていかなければいけないと感じています」

 特大のポテンシャルを秘めた20歳のさらなる飛躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】W杯アジア最終予選オマーン、中国戦に臨む日本代表招集メンバー24人を一挙紹介!

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!
 
【関連記事】
日本代表、W杯アジア最終予選に挑むメンバー24人を発表! セルティックで躍動の古橋や東京五輪組からGK谷も選出
「国内組6人か」「柴崎復帰、長友無職」9月のアジア最終予選2試合の代表メンバーが発表! ファンが驚いたポイントは?
「アジア最強だ」海外組18人の日本代表に、対戦する中国のメディアも衝撃!「両国選手の市場価値を比較すると…」
柴崎岳が約10か月ぶりに日本代表復帰! 森保監督が選出理由を明かす「3月、6月にも招集しようと考えていた」
最終予選の戦いはすでに始まっている!初戦のオマーンは1か月前から、2戦目の中国は約2週間、直前合宿を実施【日本代表】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ