川崎、先制許すもダミアン同点弾で広島と1-1ドロー! 苦しみながらも今季25戦いまだ土つかず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月21日

広島の堅守に終盤までリードされる苦しい展開に

苦しい展開のなかで同点弾をもぎ取ったレアンドロ・ダミアン。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月21日、各地で25節の9試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対川崎フロンターレの一戦が行なわれ、1-1のドローに終わった。

 試合は27分、ホームの広島が先制する。右サイドを破った柴崎晃誠からのグラウンダーのクロスを中央で待ち構えた柏好文が右足で丁寧に流し込み、ネットを揺らした。広島がリードする。

 川崎は持ち前のパスワークと前線からのハイプレスで広島を押し込むものの、最終ラインを中心とした堅い守備とGK大迫敬介の好守でなかなかゴールを割ることができない。前半は1点ビハインドで折り返す。
 
 迎えた後半も、川崎が主導権を握る展開が続くが、広島も粘り強く跳ね返す。しかし73分、ついに川崎がゴールをこじ開ける。橘田健人からのパスを収めた旗手怜央が中央へ折り返すと、このパスを受けたレアンドロ・ダミアンが右足で押し込んだ。川崎がようやく1-1の同点に追いつく。

 その後、両者決め手なく、試合はこのまま1-1でタイムアップ。ともに勝点1を手に入れた。川崎は勝点63で今季開幕からの無敗記録を25に伸ばしたが、この日勝利した2位の横浜F・マリノスとの差は勝点4ポイント差まで縮んでいる。一方の広島は勝点32となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「日本代表の選手としても活躍できるように」三笘薫がライブ配信で川崎に感謝。移籍決断の心境を明かす
三笘薫、田中碧が抜けてもチーム力は落ちない!?――アナリスト的視点で見た川崎の強さとは
J復帰、武藤嘉紀のクロスを山口蛍が押し込み決勝弾!上位対決は神戸が鹿島を1-0で下す
横浜、圧倒的な強さで3連勝&12戦無敗! L・セアラのハットトリックなど仙台に5発完勝!
青森山田、衝撃の強さ! 静岡学園をシュート0本に抑える"完勝劇”を支えた最強ボランチコンビの働きぶり

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ