日本、メキシコとの3位決定戦は前半2点ビハインド… 序盤に主導権握られ、セットプレーから失点

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

PKで先制点を許し、セットプレーから追加点奪われる…

林が単独突破からシュートを放つがGKに阻まれる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京オリンピックの男子サッカーは8月6日、3位決定戦のU-24日本代表対U-24メキシコ代表が18時のキックオフで埼玉スタジアムにて行なわれている。

 53年ぶりの銅メダル獲得を狙う日本は、準決勝のスペイン戦から先発2名を変更。累積警告による出場停止でスペイン戦を欠場した冨安健洋がスタメンに復帰、準決勝でベンチスタートだったMF相馬勇紀が先発に名を連ねた。

 日本はGKに谷晃生を6試合連続で起用。最終ラインは、右から酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太が並び、中盤はボランチに遠藤航と田中碧のコンビ。2列目は、右から堂安律、久保建英、相馬勇紀と並び、最前線には林大地が起用された。

 試合は立ち上がりからメキシコがボールを支配するものの、日本も激しい守備で応戦。しかし13分、自陣に押し込まれた日本は遠藤が後方からタックルで相手を倒してしまい、PKを献上。これをセバスティアン・コルドバに決められ、先制点を許してしまった。

 日本はさらに22分、自陣右サイドでファウルを犯すと、セットプレーからホアン・バスケスにヘディングシュートを決められてしまう。日本は2点のビハインドを負うこととなった。
 
 2点を追いかける日本はその後、林の単独突破や相馬のカットインなどで仕掛け、メキシコゴールに迫るが、得点を奪い切れない。久保、堂安もいい形でのフィニッシュまで持ち込めず、前半は日本の2点ビハインドで終了した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
 
【関連記事】
「まじかーー」「集中力どこいった」銅メダルをかけたメキシコ戦、前半2失点にファンも悲鳴【東京五輪】
「たぶんメダルは獲得する」渡米中の本田圭佑がメキシコ戦を大胆予想!「怖いのは」と指摘したのは…【東京五輪】
U-24日本代表、メキシコ戦スタメン発表! 53年ぶりの銅メダルを懸けた一戦で久保、堂安、林らが先発
「リベンジのチャンス」メキシコ代表監督が日本戦に懸ける想いを吐露。「決勝の気持ちで臨む」【東京五輪】
【東京五輪】男子サッカー 日程&結果/順位表/記事・動画一覧

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ