「最後のパスが通らない」相馬勇紀がスペイン戦で“世界との差”を実感。「絶対にメダルという結果を…」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月04日

「日本のみんなを笑顔にできるようにしていきたい」

相馬がスペイン戦後の会見で、言葉を詰まらせながらも試合を振り返った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は8月3日、東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦し、延長戦の末に0-1で敗れた。

 日本は立ち上がりからスペインに押し込まれ、苦しい展開が続いたが、チーム全体でまとまりを持って粘り強く戦い、無失点に抑えていた。しかし延長後半の115分、ペナルティエリア右で受けたアセンシオのコントロールショットが左サイドネットに突き刺さり、悔しすぎる失点。日本はこのリードを守り抜いたスペインに敗れ、金メダルの夢はついえた。

 試合後の会見に出席した相馬勇紀は、「まだ整理ができていない状況。なかなかシーンが思い出せない…」と言葉を詰まらせながらも試合を振り返り、スペインとの差についてこう口を開いた。
 
「最後のクオリティの差が世界で勝てるか勝てないかの差だと僕は実感しました。いま覚えている光景として、最後にアセンシオ選手がターンして左足で巻いて決めたシュートがすごく鮮明に残っている。自分は途中から出て、クロスを上げるところまでは行けたけど、やっぱり最後のパスが通らない。相手に当たってしまう。

(スペインと)同じくらいチャンスは作れていたと思っていたんですけど、やっぱり最後のクオリティのところで、勝ち進めるか進めないかというのを感じました。本当に悔しいです」

 敗れはしたものの、まだメダル獲得の可能性は残されている。相馬は、「この試合で何が足りなかったのかというところとしっかり考えて向き合って、そして今日の悔しさをチーム、そして個人の力に変えて戦っていきたい」とコメント。最後には、「絶対にメダルという結果を持って、日本のみんなに元気を与えて、笑顔にできるようにしていきたい」と、6日に行なわれるU-24メキシコ代表戦へ向け、意気込みを語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 銅メダルをかけてメキシコとの3位決定戦へ
 
【関連記事】
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に
「危なかった、かなり危なかった」スペインを最後まで苦しめた日本に敵国メディアも感服!「五輪特有の重圧が…」【東京五輪】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
ペドリが久保にユニホーム交換を申し出た理由。ライバルチームに所属する2人が4度目の対決へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ