ブラジルがメキシコとの激闘をPK戦の末に制す! 3大会連続のファイナル進出!【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月03日

120分で決着はつかず…

ブラジルがPK戦の末にメキシコを下し、決勝進出を決めた!(C)Getty Images

画像を見る

 東京オリンピックの男子サッカーは、8月3日に準決勝の2試合を実施。茨城カシマスタジアムでは、U-24メキシコ代表対U-24ブラジル代表の一戦が行なわれ、ブラジルが0-0で突入したPK戦を4-1で制し、3大会連続の決勝進出を決めた。

 ロンドン五輪で頂点に立ったメキシコと、リオ五輪で金メダルを手にしたブラジルの王者同士のバトルは、序盤からブラジルが攻勢に出た。

 23分にはペナルティエリア手前左でFKを得ると、キッカーのダニ・アウベスが壁の間を抜く強烈なシュート放つ。しかしこれはGKギジェルモ・オチョアのビッグセーブに防がれる。

 その5分後には、ペナルティエリア内に走り込んだドウグラス・ルイスが倒され、一度はPKの判定となるも、VARチェックの結果ノーファウルとなった。
 
 0-0のタイスコアで迎えた後半も、ブラジルが主導権を握る。しかし、メキシコもルイス・ロモや、ハーフタイムに投入されたカルロス・ロドリゲスらが中盤で攻撃の芽を摘み、相手の強力な攻撃陣に自由を与えない。

 ブラジルは相手の堅守をかいくぐると、82分には右からのクロスにリシャルリソンが頭で合わせるも、シュートは左ポストに直撃。あと一歩のとことで得点が生まれない。試合はこのままスコアレスで延長戦に突入する。

 延長でもブラジルが猛攻を仕掛けるが、メキシコが粘り強く守り切り、120分では決着がつかずPK戦へ。これをブラジルが4-1で制し、ネクストラウンドへ駒を進めた。

 この結果ブラジルは、このあと20時キックオフのU-24日本代表対U-24スペイン代表の勝利チームと、7日に金メダルを懸けてファイナルを戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪PHOTO】ペドリ!リシャルリソン!久保!東京オリンピックで注目の30選手を一挙紹介
【関連記事】
「スペイン、うめー」「もどかしい!」日本代表の戦いぶりを、ファンは固唾を呑んで見守る【東京五輪】
日本、スペインを相手に前半を0-0。ボール保持で圧倒されるもGK谷のビッグセーブなどでピンチを凌ぐ
ペドリが久保にユニホーム交換を申し出た理由。ライバルチームに所属する2人が4度目の対決へ
U-24日本、スペイン戦スタメン発表! 初の五輪ファイナルに向けて久保、堂安のWエースが先発
スペインの五輪代表番記者が日本との準決勝を展望!「最も当たりたくなかった相手の一つ」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ