「過去最大級の屈辱だ」メキシコ戦、衝撃の6失点大敗に韓国メディアも茫然自失「またヨコハマの惨劇が…」【東京五輪】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月01日

指揮官は「すべて私の責任。深くお詫び申し上げる」

あまりのショックに立ち上がれない韓国の選手たち。金メダルへの野望は露と消えた。(C)Getty Images

画像を見る

 V字回復の先には、予想だにしない過酷な現実が待ち受けていた。

 7月31日、横浜国際総合競技場で行なわれた東京五輪・準々決勝で、韓国はメキシコと対戦。グループリーグの第1節でニュージーランドに0-1の苦杯を舐めて、一時は国内から大バッシングを浴びたチームだったが、その後はルーマニア、ホンジュラスを一蹴して見事に2連勝を飾る。世論もメディアもふたたび“史上初の金メダル”への期待を膨らませていった。

 だが、試合は3-6の大敗というまさかの結末に終わる。キム・ハクボム監督は「6失点もするなんて信じられない。すべては指揮官である私の責任だ。応援してくれた国民に深くお詫び申し上げる」と語り、選手たちも一応にショックを隠せない様子だった。
 
 あまりの衝撃的なスコアに、韓国メディアも茫然自失気味だ。スポーツサイト『Sportal Korea』はメキシコのタレント力が圧倒していた点を強調しつつ、「傾いた流れをまるで引き戻せなかった。打つ手なしとはこのことだ。過去最大級の屈辱感を植え付けられた」と論じた。

 さらに全国紙『中央日報』は「何度か歯止めを利かせるタイミングはあっただろう。だがそのたびにメキシコのボールホルダーへのチェックが緩慢になり、精度の高いクロスから失点を重ねてしまった」と分析。そして、3月にA代表の日韓戦で完敗を喫した際にも使ったフレーズを復活させ、「またしてもヨコハマの惨劇が起こった」と表現した。

 戦前は過去4回の五輪における対戦で2勝2敗、しかも無失点と相性が良かったメキシコ戦への楽観論が大勢を占めていたが……。なにもかもが弾け飛んでしまったかのようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTOギャラリー】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック!
【関連記事】
「お色気がハンパない!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“大人の挑発ショット”に反響続々!「眼差しがたまらん」
「絶望感しかない…」握手拒否の“韓国10番”が惨敗劇に大号泣! 面目躍如のゴラッソ2発も実らず【東京五輪】
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「恥を知れ!」“お騒がせ”韓国テレビ局が敵オウンゴールに「ありがとう」の字幕で物議!「まるで反省していない」【東京五輪】
「腹立たしい敗者だ!」英雄ウッドの握手を拒否した“韓国10番”にNZ紙が憤慨!「鼻であしらった」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ