【グループB第2節展望】韓国が狙うのはルーマニアの背後のスペース。ホンジュラスの屈強FWがNZの堅守に挑む!

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2021年07月24日

初戦黒星の韓国とホンジュラス、もし2敗目を喫すれば…

初戦黒星の韓国。今大会初勝利のカギを握るのは、ファン・ウィジョとイ・ガンイン(中央)による縦のホットラインだ。(C)Getty Images

画像を見る

▼ニュージーランド×ホンジュラス
(7月25日/17:00キックオフ@茨城カシマスタジアム)

 韓国に勝利して波に乗るニュージーランドは、前回大会4位のホンジュラスをも飲み込むか。

 日本との強化試合の記憶も新しいホンジュラスは、初戦で欧州勢のルーマニアに0-1の敗戦を喫したものの、不運なオウンゴールの1失点のみ。チャンスの数でも相手を上回っていた。

 4-4-2の左サイドハーフを担うリゴベルト・リバスがキーマン。ただし、韓国を相手に5バックでクリーンシートを達成したニュージーランドのブロックに風穴を開けるには、屈強なFWジョルジュ・ベルグチェのフィニッシュにもかかっている。

 一方のニュージーランドはオーバーエイジの大型FWクリス・ウッドが韓国戦でこぼれ球から殊勲の決勝ゴール。引き続き絶対的なエースとして期待されるが、そのゴールにつながるミドルシュートを放ったMFジョー・ベルにも注目だ。
 

グループBの順位表(第1節終了時)。※上位2チームが準々決勝に進出。

画像を見る

▼ルーマニア×韓国
(7月25日/20:00キックオフ@茨城カシマスタジアム)

 ニュージーランドに敗れた韓国はこの試合に負けると、3試合目を待たずして敗退が決まる可能性が出てくる。MFイ・ドンキョンが決勝ゴールを記録したウッドとの握手を拒否したことが国内外で非難されるなど不穏な空気感もあるが、果たしてどうなるか。

 がっちり守備を固められたニュージーランド戦と違い、ルーマニアはよりアグレッシブに来る分、逆に背後のスペースは見出しやすい。鍵を握るのはオーバーエイジの元ガンバ大阪FWファン・ウィジョと、トップ下のイ・ガンインによる縦のホットラインだ。

 3-4-3が予想されるルーマニアは10番を付けるボランチのアンドレイ・チョバヌによる良質な組み立てが肝。そこから右サイドのアンドレイ・ラティウがFWジョルジェ・ガネアらに正確なクロスを供給する。

文●河治良幸

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!
 
【関連記事】
「笑顔で断ればよかった…」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”が緊急釈明!「負けて落胆していた」【東京五輪】
「無観客で失われたものは?」海外記者からの問いに森保監督が本音「もう遅いですけど…」
納得の交代カードから一転、皮肉にも久保建英の先制弾で浮かび上がった「あべこべ感」。采配の遅さには疑問符が付く!
「バカ可愛いです!」仲田歩夢が新ヘアスタイルで魅せた“横顔美人”に反響続々!「鼻たかっ」
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ