【釜本邦茂】素晴らしかった久保建英の仕掛けの意識。日本は“のらりくらり”の南アに合わせ過ぎた

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月23日

勝つには勝ったが決してチームとして良い試合をやったわけじゃない

決勝点を叩き出した久保。アグレッシブな姿勢がチームを救った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表の東京五輪グループステージ初戦は難しい試合だったけど、なんとか勝点3を獲れたというのは大きかった。南アフリカが試合をできるかどうか分からないという状態のなかで、お互いにモチベーションの保ち方や試合への入り方には困難があったと思う。そんな状況でまずはしっかり試合ができた。両チームともにしんどかっただろうね。

 ただ、日本は勝つには勝ったけど、決してチームとして良い試合をやったわけじゃなかった。相手は自分たちのコンディションや置かれた状況を分析して、自陣に引いてカウンターを狙う作戦をとってきた。それに対して日本は、のらりくらりとかわそうとする南アフリカのペースに付き合う形で、足もとへのパスが多くなり攻撃がスローダウンすることが多かった。

 時折、テンポを上げてフィニッシュまで持ち込んでも、そこは相手もしっかりとブロックして思うようにさせてくれない。南アフリカは、日本にある程度自由にやらせておいて、危険なゾーンでは厳しい対応でうまく凌いでいた。暑さのせいもあったかもしれないが、日本の攻撃は単調だった。もっと自ら打開する積極性がなければ、あれだけ中を堅く閉じたブロックは崩せない。パス、パス、パスと足もとでばかり繋いでも相手の守備は隙をつくらない。個の力で仕掛けていくからこそ相手の脅威になるんだ。
 そういう意味では、後半の久保は随所にアグレッシブな仕掛けを見せていた。得点シーンも逆サイドからのフィードをワンタッチでコントロールして、やはり自分の得意なゾーンに自ら持ち込んで左足を振り抜いた。トラップからボールの運び方、フィニッシュまで、一連の流れが本当に素晴らしいゴールだった。他の攻撃陣の選手たちも、久保のように仕掛けるという意識を持って、もっと個の力をペナルティエリア付近で発揮してほしい。

 とはいえ、いろんな意味で難しい試合を制して勝点3を奪ったのは評価できる。これを活かすためにも次のメキシコ戦が重要だ。中2日で連戦が続いていくだけに、この日のパフォーマンスに左右されず、気持ちを切り替えて臨んでほしいものだね。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】スペイン、ドイツ、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-0U-24南アフリカ|均衡した展開の中で久保が値千金の先制弾!五輪初戦を勝利で飾る!
【関連記事】
【セルジオ越後】日本のほうが夏バテ気味だった五輪初戦…堂安も田中も、いつもの彼らじゃなかった
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
なぜ冨安はベンチを外れたのか? 森保監督が試合後に明かす「いつまでに戻るとか、お話できる状態にない」
ブラジル代表10番リシャルリソンがいきなり爆発!ドイツ相手に前半だけで圧巻ハットトリック!【東京五輪】
【橋本英郎】最後にプランを崩すのは“ぶち壊せる個”。南ア戦でそれをやり遂げた久保建英はやはりスゴイ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ