【G大阪】近未来のエース候補、16歳の堂安律がFCソウル戦で公式戦デビュー!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年05月28日

終盤にはプロデビュー戦ゴールのチャンスも。

宇佐美と同じ高校2年の5月に公式戦のピッチの立った堂安。終盤には決定的なチャンスも迎えたが、元韓国代表のチャ・ドゥリ(右)に阻まれた。(C) Getty Images

画像を見る

 余裕を持って手にした7年ぶりのACL8強進出だった。G大阪は終了間際の88分、16歳の堂安律をプロデビューさせている。結果的にスコアは3-2となったが、終盤はそれほどの余裕があった。
 
 今季からトップチームに2種登録されている堂安は、2020年東京五輪世代の高校2年生。近い将来、G大阪の「10番」を背負うと言われる期待の星だ。高校1年時からG大阪ユースの主軸として、独特なリズムを刻むドリブルと強烈なシュートを武器に攻撃を牽引してきた。ユース出身の家長昭博(現大宮)や宇佐美貴史ら“早熟の天才”のDNAを受け継ぐ逸材だ。
 
 終盤にこの新星の起用を決断するまでを、長谷川健太監督は会見でこう明かした。
「試合の経過を見ながら、2-1のままでは(起用は)難しいな……と思っていた。藤春の足の状態も良くなかったですしね。でも3点目が入って、これで試合が決まったということで(堂安を)入れました」
 
 5月20日に敵地ソウルで行なわれた第1戦を、G大阪は宇佐美の2ゴールなどで3-1とモノにした。第2戦のホームゲームは2失点以内の敗戦でも、準々決勝進出が決まる。だが、一昨年の準優勝クラブでもあるFCソウルを相手に「守り抜く」という戦術はとらなかった。
 
「極力、早い時間帯に先制することができれば、僕たちがかなり優位になる」
 ベテランの遠藤保仁がそう考えを述べていたとおりの展開で、待望の先制弾は16分に生まれた。ドリブルで切れ込んだ宇佐美からのクロスを、パトリックが頭で合わせて先制。
 
 前半終了間際にも、ゴール前のこぼれ球を宇佐美が競り、走り込んできた倉田秋が右足で押し込んだ。前半の2得点によって、2戦合計で5-1としたG大阪は、この時点で「8強」をほぼ手中にした。まさに理想的な展開だった。
 
 そして86分、藤春廣輝のクロスからリンスのヘディングシュートで3点目が生まれると、指揮官はついに16歳の堂安を投入したのだった。
 
 終盤はFCソウルが前掛かりになったことでスペースが大きく空き始め、G大阪はカウンターからチャンスを作り出す。終了間際には堂安にビッグチャンスが到来。リンスの放ったシュートのこぼれ球に反応し、ヘディングシュートでゴールを狙う。しかし、これは元韓国代表のチャ・ドゥリに阻まれ、宇佐美もFCソウルを相手に記録したプロデビュー戦ゴールとはならなかった。
 
 この試合には日本代表のハリルホジッチ監督が視察に訪れていた。報道陣の取材には一切応じず、68分に宇佐美が途中交代すると、すぐさま荷造りをして3分後には席を立ち、スタジアムを後にしている。堂安のプレーぶりが日本代表監督の目に直接映ることはなかったが、この日のデビューを契機にいずれその名が知られるところとなるかもしれない。
 
 エース宇佐美の活躍に加え、未来の「10番」候補と目される堂安が16歳11か月11日でデビュー。アジア8強に辿り着いたG大阪が、育成における着実な成果も見せつけた一戦となった。
 
 二度目のアジア制覇へ――。G大阪が、また一歩、確かな足取りで頂点に近づいた。
【関連記事】
【ACLラウンド16・第2戦】G大阪 3-2 FCソウル|見せつけたJ王者の破壊力! 日韓対決に蹴りをつける快勝劇
【G大阪】エースの目覚めとともに息を吹き返した三冠王者の“逞しさ”
【G大阪≪宇佐美の全ゴールリスト付≫】“不敗神話”は継続中。宇佐美ゴール時の勝率は「77%」
【ACLラウンド16・第2戦】柏 1-2 水原三星|2戦合計4-4もアウェーゴール数で上回り柏がベスト8へ
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】激闘の最前線でプレッシャーを引き受ける柏・レアンドロの重要性

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ