チャンス到来――吉田&冨安が不在の間、J屈指のCB谷口彰悟はアピールできるか

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月31日

「自分がそういう選手になりたい」

約3年半ぶりに代表復帰した谷口。熾烈な競争に強い気持ちで挑む。写真:田中研治

画像を見る

 4試合が組まれた6月シリーズに挑む日本代表の谷口彰悟が5月31日、オンラインでのメディア対応に応じた。

 谷口の招集は17年12月以来、約3年半ぶりとなる。代表から遠ざかっている間、所属する川崎フロンターレでは守備陣の要として2度のリーグ優勝ほか、ルヴァンカップ初制覇に貢献。ベストイレブンにも2度選出されるなど、ひと回りもふた回りも逞しさを増して代表復帰を果たした。

 今回の代表メンバーには、森保ジャパンのレギュラーCBの吉田麻也と冨安健洋が、同時期に活動するU-24代表に参加(吉田はオーバーエイジ枠で)。谷口自身、「2枠空いて、そこに入れてもらったかな」と正直な気持ちを吐露。それでも「チャンスだと思っている」と言葉に力をこめる。

 吉田と冨安。「ふたりの壁は高い」と彼らの実力を認める一方、「そのふたりの陰に甘んじているようではダメ」と気を引き締める。Jリーグを代表するCBとしてのプライドもあるはずだ。「競争のなかで、日本のCBでもっと戦える選手が出てこないといけないだろうし、自分がそういう選手になりたい」と意気込む。
 
「これぐらいできるっていうのを、トレーニングやゲームで証明していかなければいけない。数少ないチャンスだと思うので、このチャンスを生かしたい」

 不在のライバルを焦らせるようなパフォーマンスを見せられるか。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【日本代表PHOTO】似合ってるのは誰!?「サッカー日本代表100周年アニバーサリーユニホーム」に身を包んだ日本代表選手たち!

【PHOTO】日本 10-0 ミャンマー|ミャンマーを相手に大迫の5得点などで大勝!最終予選進出を決める重要な勝利に

【PHOTO】笑顔と力強い手拍子で後押しした川崎フロンターレサポーター!
 
【関連記事】
「次を目指そうとは思っていなかった」GK川島永嗣、W杯4大会連続出場への想い「やり残したことがある」
なぜ日本は10点取る必要がないミャンマー戦で強度を緩めなかったのか? 森保Jの「相手に合わせない」戦いぶりに感じた意志
これでいいのか? 吉田麻也が見据えていたアジアの未来。協会は現場の声を議論の俎上に載せるべき
「谷口やっときたー!」「鈴木優磨は…」今回の日本代表は、“欧州組のみ”→“国内組入り”の2段構え! メンバー発表にファン騒然
「日本サッカーを引っ張って行く」ゼロックス杯へ、川崎キャプテン・谷口彰悟の言葉から感じた“王者の風格”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ