• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1】川崎が土壇場で仙台に追いつかれ痛恨ドロー。鹿島が2位・名古屋に2発快勝、広島は7試合ぶりの白星

【J1】川崎が土壇場で仙台に追いつかれ痛恨ドロー。鹿島が2位・名古屋に2発快勝、広島は7試合ぶりの白星

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月12日

鹿島が難敵を退け3連勝と好調を維持

川崎対仙台の一戦は、終了間際に仙台が貴重な同点弾を挙げ、ドロー決着となった。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは5月12日、ACLの日程変更に伴い20節と21節の3試合を前倒しで開催。首位川崎フロンターレは、ベガルタ仙台に土壇場で追いつかれ、痛恨のドロー決着となった。

 ホームに19位の仙台を迎えた川崎は、いつものように立ち上がりから攻勢を強めると、開始3分に怪我からの復帰戦となった小林悠が先制点を挙げる。それからもボールを握り続けたものの、74分に同点ゴールを献上。83分に三笘薫が2試合連続弾となる追加点でふたたびリードしたが、終了間際の90+5分にマルティノスに決められ、2-2のドローで終了した。

 首位と勝点9差の2位につける名古屋グランパスは、9位の鹿島アントラーズと対戦。立ち上がりから素早い攻守の切り替えと激しいプレスで、相手に最終局面で自由を与えていなかった名古屋だったが、32分にCKの処理でミスがあり、そこを犬飼に押し込まれ、先制点を奪われる。さらに86分にも杉岡大暉に決められ0-2の敗戦。鹿島が3連勝と好調を維持している。

 また、18位・ガンバ大阪と10位・サンフレッチェ広島の一戦は、広島が2-1で7試合ぶりの白星を手にした。中盤での攻防が続いたが、36分にセットプレーから佐々木がネットを揺らし広島が先制。44分に一美和成に決められ同点に追いつかれたものの、65分にカウンターから川辺駿が勝ち越しゴールを奪う。広島は、終盤に相手の猛攻を受けるも、最後まで粘り強く守り抜き、最少失点に抑えた。
 
 5月12日開催、J1・3試合の試合結果は以下の通り。

・20節
G大阪 1-2 広島
川崎 2-2 仙台

・21節
名古屋 0-2 鹿島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「世界の至宝に何を…」イニエスタがクリームまみれに! 主将が“手荒な”祝福を受ける姿が大反響!
ユース監督となった柳沢敦が求める“鹿島のアイデンティティ”。そのストライカー育成のアプローチとは?
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~関東編
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
「お前の家族もくたばれ!」韓国ファンの心ない中傷にラメラが怒りの反論! もはや対立はドロ沼化の様相で…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ