川辺駿の決勝弾で広島が7試合ぶりの白星! 敗れたガンバ大阪、今季ホーム初白星はまたもお預け…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月12日

前半に1点ずつ取り合い、勝負は後半へ

広島の川辺が今季2点目を奪った。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグは5月12日、パナソニックスタジアム吹田で前倒し開催となる20節のガンバ大阪対サンフレッチェ広島が行なわれた。

 試合は前半、互いに1点ずつを取り合う。まずは広島が36分にセットプレーから佐々木翔のヘディング弾で先制すると、43分にはG大阪が反撃。左CKから一美和成のヘディングシュートがGKに当たりながらもゴールに吸い込まれ同点とする。

 迎えた後半はG大阪が先にペースを掴むも、広島がロングカウンタ―で対抗。65分、自陣からの仕掛けで相手ゴールに迫ると、最後はジュニオール・サントスからのスルーパスを受けた川辺駿が押し込みネットを揺らす。アウェーの広島が勝ち越した。
 
 結局、川辺のゴールが決勝点となり、広島が敵地で2-1と勝利を収めた。広島はリーグ戦7試合ぶりの白星で、勝点を21に伸ばした。一方、G大阪は、勝点7のままでいまだ今季ホームでの白星なく、降格圏に喘いでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
非の打ちどころがないのではないか。川辺駿が見せた安定感抜群のハイパフォーマンス
J1広島が地元プロ野球チームとのコラボユニ発表! 色はカープレッド、エンブレムは特注仕様に
ユース監督となった柳沢敦が求める“鹿島のアイデンティティ”。そのストライカー育成のアプローチとは?
「幼少期とほぼお顔が同じ」「ずーっとイケメン」“40歳”松井大輔の子ども時代のレアショットに反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ