B・フェルナンデス&グリーンウッド弾でマンUが鮮やかな逆転勝利!マンCのプレミア制覇は持ち越し

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月10日

終盤にはカバーニがダメ押しの一発

絶妙なターンから逆転弾を奪ったグリーンウッド(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月9日に開催されたプレミアリーグ第35節で、2位のマンチェスター・ユナイテッドは11位のアストン・ビラと、敵地で対戦した。

 立ち上がりに押し込んだユナイテッドは、6分にビッグチャンス。ショーがワンツーでするするとペナルティエリア内に侵入し、左足で強烈なシュートを放つが、GKマルティネスに弾かれる。

 中盤以降は相手にボールを持たれる時間が増え始め、24分にはトラオレに個の力で突破を許し、左足での絶妙なコントロールシュートで被弾。先制を許してしまう。

 負ければ宿敵マンチェスター・シティのリーグ制覇が決まってしまう状況で、ユナイテッドはポグバらにボールを集め必死に反撃に出るが、リーグで5番目に失点の少ないビラの堅守を前に、決定的な場面を作り出すことはできない。
 
 前半は1点ビハインドで終えるが、52分にポグバがペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。これをブルーノ・フェルナンデスがきっちりと決め、同点に追いつく。

 これで完全に勢いに乗ったアウェーチームはさらにその4分後に、ワン=ビサカからペナルティエリア右で相手DFを背負いパスを受けたグリーンウッドが、振り向きざまに左足を一閃。鮮やかにネットを揺らし、瞬く間に逆転に成功する。

 さらに87分には、65分から途中出場したカバーニが、ラッシュフォードのクロスにヘッドで合わせ、ダメ押し点。絶好調のウルグアイ代表ストライカーは、直近3戦で5点目となった。

 結局、89分に退場者も出したビラに、3-1で快勝。この結果、シティの優勝決定は持ち越しとなった。11日にレスターと戦うユナイテッドが敗れれば、2年ぶり7度目のリーグ制覇が確定する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のマンU・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「ベイルよりもクボのマドリー帰還が近い」久保建英に朗報! ヴィニシウスが7月にスペイン国籍取得と現地報道。“EU圏外枠争い”は一騎打ちか
「おいルイス、 それはないだろ!」スアレスの“名演技”にバルサの元同僚が激怒!
5人、6人、7人? 測定不能のメッシの“9秒間ごぼう抜きドリブル”に世界衝撃!「キャリア最高のゴールが…」
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
「大家がたびたびドアを叩き…」浅野拓磨のパルチザン退団の決め手は、“家賃滞納”にあり? 現地メディアが報じる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ