「信じられないほどの…」モウリーニョはなぜ“悩める名門”ローマのオファーを受けたのか?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月05日

先月19日にトッテナムの監督を解任

来シーズンからのローマで指揮を執ることが決定したモウリーニョ。(C)Getty Images

画像を見る

 5月4日、今シーズン限りで満了となるパウロ・フォンセカ監督との契約を更新しないことを明らかにしたローマは、その数時間後、来シーズンから指揮を執る新監督を公表。前トッテナム監督のジョゼ・モウリーニョと2024年までの3年契約を結んだことを発表した。

 この数週間、ローマは前ユベントス指揮官のマウリツィオ・サッリを招聘するのではないかと囁かかれていたが、先月19日にトッテナムの監督を解任されたばかりの名将に再建を託すことになった。

現地ジャーナリストが選ぶ「過去20年のローマ・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
 ここ2年は6位、5位とトップ4に入れず、今シーズンもここまで7位と低迷。サポーターからたびたび批判の声があがっていた名門からのオファーをなぜ受けたのか。ローマの公式SNSを通じて、モウリーニョは次のようなコメントを発表している。

「オーナーとの会談の後、私はすぐに彼らの野心を理解した。我々は一緒に勝利のプロジェクトを構築したいと思っている。ファンの信じられないほどの情熱が、私に仕事を受け入れるように説得した。来シーズンが始まるのが待ちきれない。さぁ行こう、ローマ!」

 セリエAで指揮を執るのは、インテルでイタリア初の3冠を達成した2009-10シーズン以来となるモウリーニョ。その手腕に大きな注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ