大分、町田也真人の決勝点で連敗を7でストップ、9試合ぶりの白星!敗れた清水は6戦未勝利

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月02日

CKからのリバウンドを押し込む

町田がCKからのこぼれ球をしぶとく押し込んだ。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは5月2日、各地で12節の3試合を開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対清水エスパルスの一戦が行なわれた。

 試合はアウェーの清水が押し込み、大分がカウンターからチャンスを見出す展開となったが、先手を奪ったのは大分だった。38分、カウンターから長沢駿の決定機はGK権田に阻まれたものの、直後のCKからこぼれ球を町田也真人が押し込んだ。大分がリードを奪う。

 その後は清水が両サイドの中村慶太や中山克広、中央の鈴木唯人やチアゴ・サンタナを中心に反撃を試みるが、大分が粘り強いディフェンスで凌いでいく。

 終盤にかけて、清水が猛攻を仕掛けるが、大分が最後まで凌ぎ切り、1-0のままタイムアップ。大分が連敗を7で止め、2節の横浜FC戦以来、9試合ぶりの勝利を掴んだ。大分は勝点を8とし、一方の清水は6戦未勝利で同11のままとなっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
指揮官は「現時点での最大出力」を強調。今やるべきことを徹底しながら、アビスパは理想の地へと邁進する
「凄すぎる」大分のクラファン企画が目標の5000万円到達! 野村、長沢らも驚愕「次は僕達の番ですね」
【J1採点&寸評】横浜FC0-3鹿島|MOMは全ゴールに絡んだ次世代アタッカー! 鹿島の2列目は軒並み高評価
2-0勝利で今季2度目の3連勝!鳥栖はシュート2本に抑えられた徳島戦前半からいかに立て直したのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ