【J2】磐田が大量4ゴールで今シーズン4勝目! 東京Vは今季初の連勝、長崎はE・ジュニオの2得点で群馬に競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月10日

東京Vは序盤に失点も3発で逆転勝利

佐藤凌(写真)の同点弾を皮切りに3点を奪った東京Vが、山口を相手に3発快勝を収めた。写真:徳原隆元

画像を見る

 J2リーグは4月10日、各地で7節の5試合を開催。ジュビロ磐田が4得点で快勝し暫定4位に浮上、東京Vは今季初の連勝を飾った。

 ホームに松本山雅FCを迎えた磐田は、立ち上がりこそ相手に主導権を握られたものの、39分に得たPKをルキアンが沈めて先制する。さらに56分にオウンゴールで追加点を挙げ、その4分後には1点を返されるも、63分に山田大記、90分に伊藤洋輝が得点を重ねた磐田が4-1の快勝。今季4勝目で暫定4位に浮上した。

 両者の勝点差はわずか「2」。15位・東京ヴェルディと20位・レノファ山口FCの一戦は、前者に軍配が上がった。東京Vは相手にボールを握られる展開のなか、11分に先手を取られるも、その2分後に佐藤凌我の得点ですぐさま振り出しに戻す。さらに、24分にも味方のシュートのこぼれ球を山下諒也が詰めて勝ち越すと、60分には小池純輝が追加点を決め、東京Vが3-1の快勝。今季初の連勝を飾った。

 そのほか、ザスパクサツ群馬のホームに乗り込んだV・ファーレン長崎は、エジガル・ジュニオの2ゴールで2-1の勝利。2連敗中のヴァンフォーレ甲府は、泉澤仁の得点で先制しながらもギラヴァンツ北九州に勝ち切れず、1-1のドロー決着。ブラウブリッツ秋田対大宮アルディージャの一戦は、お互いに最後まで1点が遠く、スコアレスドローとなっている。
 
 7節(1日目)の試合結果は以下の通り。

秋田 0-0 大宮
群馬 1-2 長崎
甲府 1-1 北九州
磐田 4-1 松本
東京V 3-1 山口

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J2第7節PHOTO】東京V 3-1 山口|東京Vが先制を許すも3連続ゴールで逆転勝利を挙げる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ