ルキアンのコントロールショットが決勝弾! 磐田が後半開始早々の1点を守り抜き岡山にウノゼロ勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月04日

岡山は最後まで得点が遠く今季初の連勝はお預けに

見事なコントロールショットで貴重な決勝点を挙げたルキアン。写真:田中研治

画像を見る

 J2リーグは、4月4日に第6節の8試合を開催。シティライトスタジアムでは、ファジアーノ岡山とジュビロ磐田の一戦が行なわれ、敵地で磐田が1-0の勝利を収めた。

 序盤からセカンドボールや球際をことごとく制し、主導権を握ったのは岡山。ボール奪取からの素早い攻撃で攻勢を強めた。

 しかし磐田は、CB大井健太郎のカバーリングのうまさも光り、守備陣が集中力の高さを見せてなかなかホームチームにシュートを打たせない。

 攻撃では、前半終了間際の45+1分に松本昌也が遠い位置から強烈なミドルを放つもシュートはGKの正面に。
 
 激しい攻防戦となったゲームが動いたのは49分。ペナルティエリア手前左でのルーズボールに反応したルキアンが、右足でのコントロールシュートでゴール右に突き刺す。ルキアンは今季3ゴール目となった。

 1点をリードした磐田は、その後もシンプルにパスを繋いでくる相手に対し、身体を張った守備で最後の局面で仕事をさせず。最後までリードを守り抜き、白星を手にした。

 磐田は敵地で今シーズン3勝目。岡山は得点の匂いこそ感じさせたものの、1点が遠く今季初の2連勝とはならなかった。

 次戦は岡山が11日にアウェーで愛媛FCと、磐田は10日にホームで松本山雅FCと第7節を戦う。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J2第6節PHOTO】岡山0-1磐田|ルキアンの見事なコントロールショットが炸裂!磐田が無失点勝利!
【関連記事】
【J2】日程・結果
日韓戦で浮き彫りになった“サイドバック飢饉”。深刻化する韓国では「実力が劣る選手のポジション」との価値観も
「うらやまし過ぎる」香川真司のPAOKユニ姿を“超人気マンガ家”が描き下ろし! 国内外から羨望の声続々
「小さい頃からずっと…」神戸・菊池流帆が仙台戦で叶った“ふたつの夢”を告白! 得点後には…
「有名なのは久保だが…」U-24アルゼンチン代表指揮官が印象に残った日本の選手は? 「突出している」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ