【J1展望】1stステージ・9節|山形-横浜|高木利と中村俊。“新旧レフティ”対決も見どころのひとつに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年05月01日

山形――高木利のチャンスメイクがゴールへの道筋に。横浜――前線4枚のハイプレスが肝。

故障者/山形=山田、渡辺、宇佐美 横浜=仲川、奈良輪、栗原
出場停止/山形=なし 横浜=なし

画像を見る

J1リーグ1stステージ・9節
 モンテディオ山形-横浜F・マリノス
5月2日(土)/14:00/NDソフトスタジアム山形
 
モンテディオ山形
リーグ成績(9節終了時):17位 勝点5 1勝2分5敗 5得点・10失点
 
【最新チーム事情】
●前節から中2日で臨む横浜戦は先発メンバーの入れ替えも。
●直近の清水戦で結果を出した林、中島の両FWなどにチャンスが巡ってくるか。
●右ウイングバックの高木純が怪我から復帰。全体練習に合流している。

【担当記者の視点】
 前節の清水戦は0-3から追いつく劇的な展開。終盤の85分から3ゴールを叩き込み、もぎとった勝点1を無駄にしないためにも、そして勢いを消さないためにも、ホームでの勝利は必須だろう。ここで横浜相手に勝点3を掴めば、上昇気流に乗る可能性も十分にある。
 
 実際、清水戦でディエゴ、中島、林がゴールを決めた攻撃陣のモチベーションは高まっている。なかでも心強いのは、高木利。左ウイングバックながらチャンスメーカーとして機能しており、この若きレフティの果敢な縦への突破とクロスはゴールへの“貴重な道筋”になる。
 
 一方で守備陣はセットプレーからの失点が目立つようになっている。横浜には中村俊というスペシャルなキッカーがいるだけに、不要なファウルは極力避けたい。
 
横浜F・マリノス
リーグ成績(8節終了時):11位 勝点11 3勝2分3敗 10得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●中2日での連戦。29日の広島戦は19時キックオフで、山形戦は14時と時間的にもタイトな日程だ。思い切ったスタメン変更があっても驚けない。
●中村とラフィーニャをどうチームに組み込むか。特に前線は駒が揃っているだけに、起用法に注目したい。
●広島戦で今季3ゴール目をマークした伊藤が好調を維持。前線での存在感が際立っている。
●29日の広島戦は累積警告で出場停止だった右SB小林は山形戦に照準を合わせている。
●右足首痛の栗原は依然として全体練習に合流しておらず、この試合も欠場濃厚。
 
【担当記者の視点】
 実に4年ぶりの対戦であり、リーグ戦では通算6試合を戦い、3勝1分2敗と勝ち越しており、敵地では2勝1分と負けていないのも好材料となる。
 
 前節・広島戦では手痛い逆転負けを喫しており、流れを変える意味でも是が非でも勝ちたい。戦力的に劣っているとは思わないが、山形は前節・清水戦で残り5分から3点差を追いつくなど、調子を上げてきている。決して侮れない。
 
 相性は悪くないが、山形は広島と同じ3-4-2-1で臨むはずだけに、しっかりと準備をしておきたい。2ボランチを自由にせず、両ウイングバックへの配球を断つ意味でも、横浜は前線の4人(CF+2列目3枚)のハイプレスが鍵となるはず。高い位置からの精力的なディフェンスと、奪ってからの鋭いショートカウンターで勝利を手繰り寄せたい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ