【J2】ホーム開幕戦を制した秋田、連勝の金沢が上位追走!北九州が今季初白星でジャンプアップ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月28日

北九州は初の複数得点&クリーンシートも達成

開幕からスタメン11人を固定して戦っている秋田。J2最後となったホーム開幕戦を白星で飾った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2リーグは3月28日、第5節の6試合を各地で開催。京都サンガF.C.を1-0で下した昇格組のブラウブリッツ秋田が前日敗れているヴァンフォーレ甲府に勝点で並び4位に浮上。SC相模原を下し、連勝を飾ったツエーゲン金沢が3位に浮上。ギラヴァンツ北九州は敵地でザスパクサツ群馬から今季初白星を挙げた。

 J2リーグで最も遅い5節でのホーム開幕戦となった秋田は京都と対戦。

 立ち上がりからアウェーチームに押し込まれる展開が続いたものの、41分、一瞬の隙をついて先制に成功する。右サイドでロングスローの流れから競り合いを制すると、沖野将基からのボールを受けた茂平がGKをかわし、角度のないところからゴールに流し込んだ。

 その後も昨季のJ2得点王ピーター・ウタカを擁する京都の猛攻に晒され、18本ものシュートを浴びるが、身体を張ったディフェンスでことごとくブロックし、1点を守り切った秋田が1-0でJ2でのホーム初勝利を挙げた。勝点を10として、昨日敗れた甲府と勝点で並び4位に浮上した。
 
 昨季の昇格組でシーズンを5位で終えた北九州は敵地で群馬と激突した。2連敗でスタートし、その後2引き分けと今季勝ち星がない北九州だったが、34分にビッグチャンスを迎える。

 左CKから折り返しに飛び込んだ富山貴光がゴール至近距離でヘディングシュート。これは対応したDFに当たりノーゴールとなるが、群馬のDF中山雄登の手に当たったとして一発レッドが提示され北九州のPKとなる。

 キッカーを務めた富山のシュートはGK松原修平に防がれるものの、詰めていた永田拓也が混戦のなかゴールに流し込み37分に先制に成功する。さらに61分には針谷岳晃のロングボールから髙橋大悟にもゴールが生まれ、2-0とした北九州が敵地で今季初勝利を挙げた。北九州は今季初の複数得点&クリーンシートを達成。勝点5として前節の21位から15位にジャンプアップしている。

 そのほか、ファジアーノ岡山が上門知樹のゴールで1-0でモンテディオ山形に勝利、水戸ホーリーホックは中山仁斗の2ゴールと安藤瑞季の得点で3-0で松本山雅FCを圧倒した。栃木SCは90分+6分の最後の最後で愛媛FCの吉田眞紀人にCKの流れからゴールを許すものの、大島康樹、矢野貴章の得点で奪ったリードを守り切り、2-1で白星を手にした。ツエーゲン金沢は丹羽詩温、嶋田慎太郎が得点。SC相模原の反撃を星広太の1点に抑え2-1で逃げ切りに成功している。
 
【関連記事】
「久保はファウルでしか止められない。だが…」五輪代表のアルゼンチン戦を他国メディアはどう見たのか。指摘された日本の課題は?
「日本と闘う覚悟はあったのか!」韓国メディア、母国代表戦士たちの“怠慢な姿勢”を問題視!「まんまと術中にハマった」
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
「韓国の弱みは分かっていた!」元Jクラブ分析官が見た森保ジャパン。日韓戦のキーマンは大迫勇也か伊東純也
「空回りしないように」相模原の守護神・三浦基瑛は金沢との“凱旋試合”でも好守を見せるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ