日本代表の3月の活動はどうなるのか? 日韓戦開催報道にJFA反町技術委員長は「ノーコメント」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月04日

緊急事態宣言延長の見通しで、U-24アルゼンチン戦は…

ミャンマー戦が延期となった期間も「強化に使いたい」と語る反町技術委員長。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は3月4日、今年3回目の技術委員会を開催。終了後に反町康治技術委員長がオンライン上で取材に応じた。

 A代表は今月25日にミャンマー戦(日産スタジアム)、30日にモンゴル戦(フクダ電子アリーナ)が予定されていたが(いずれもカタール・ワールドカップのアジア2次予選)、ミャンマー戦の延期が決定。「スポーツソウル」をはじめとした韓国メディアでこの空いた25日に日韓戦開催が報じられていた。

 会見で日韓戦の可能性を問われた反町技術委員長は、「ノーコメント。そこにはできるだけ活動したい。我々は強い相手と対戦したい」と否定せず含みを持たせた。
 
 また、先日発表された、U-24日本代表がU-24アルゼンチン代表と『SAISON CARD CUP 2021』として開催される親善試合2試合(26日に東京・味の素スタジアム、29日に北九州・ミクニワールドスタジアム北九州で開催)についてはこう説明した。

「明日にも正式な(緊急事態宣言についての)発表があるかもしれませんが、我々としては従来通り、政府の方針に従ってやっていく」としながらも、政府の方針で1都3県に出されている緊急事態宣言が2週間程度延長される見通しという報道を受けて、「我々としてはその“程度”という部分が気になる」と明かす。

 アルゼンチンは3月20、21日までリーグ戦を行なっており、そこから来日し試合に臨む予定だという。その場合、3月7日から2週間経った21日に緊急事態宣言が解除されれば事なきを得るが、数日ズレるだけで大きな違いとなる。

「我々としては、半年を切っているオリンピック本大会に向けて、準備していく必要に駆られているから、難しい状況でもマッチメイクしたわけであって、それを無くさないように、働きかけていくことが一番重要なのではないかと思います」(反町技術委員長)とU-24のアルゼンチン戦実現に向けて、最後まで可能性を模索するという。

 新型コロナウイルスの感染状況にもよるとはいえ、A代表、U-24ともに魅力的なカードが実現するか?

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
U-24日本代表が3月に“最高の相手”アルゼンチンと対戦!海外組招集は「交渉していきたい」
「プライドを懸けた対決でクボが笑った」10分間で魅せた久保建英に韓国メディアも脱帽!“日韓決戦”の完敗を認める「強烈な印象だった」
「日本とどう競えばいいんだ?」“伏兵”遠藤航の2G2Aに中国メディアが驚愕!「我々のエースはスペイン2部で…」
「渋さがハンパねー」中田英寿氏が投稿した“ゴルファー姿”が反響!「浮き出た血管に痺れてしまいます」
Jリーガーが選ぶ「好きな女性タレント・女優・歌手」ランキング! 2位は長澤まさみ。2年連続で1位に輝いたのは――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ