【天皇杯】「想定していた」終盤のピンチにも動じない主将・谷口がもたらした安定感。「成長を感じた」と語った点は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月01日

中村憲剛については、「最後はピッチで一緒に戦いたかった」と悔しがる

初の天皇杯制覇は、「ブレずにやってこれた成果」と語った谷口。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯決勝]川崎1-0G大阪/1月1日/国立競技場

 前半からペースを握った川崎は、スコアレスで前半を折り返したものの、55分にレアンドロ・ダミアンのスルーパスに抜け出した三笘薫がゴールを決める。終盤にはG大阪の猛攻を受けるが、谷口彰吾とジェジエウのCBコンビを中心に身体を張って守り、1-0で勝利。クラブ初の天皇杯を獲得し、J1リーグとの2冠を達成した。

 ただ、川崎の“バンディエラ”中村憲剛の現役最後の試合だったが、拮抗した展開で、交代カードを使い切り、ピッチ上で最後の瞬間を迎えることはできなかった。

 キャプテンの谷口は試合後に、「最後はピッチで一緒に戦いたかったですが、憲剛さんの為にも勝利して終われてよかったです」とゲームを振り返った。

 1-0で迎えた終盤はG大阪に押し込まれ身体を張って凌ぐ時間も多くなった。谷口は、「三浦(弦太)選手とかも前線に残っていて、スクランブルな展開になっていた。こちらも人数をかけなければならず、前に行けない時間も長かった。それでも、ロングボールに誰が競って、誰がカバーに行くのかなど、そこは落ち着いて対応できたと思う。1-0だとそういう展開になるというのは想定していたことでもあったので、慌てることなく対応できたのかなと思います」と語った。
 
 攻撃力に注目が集まる川崎だが、今季のリーグ戦ではリーグで2番目に少ない31失点。J1連覇からはじまり4年連続でタイトルを獲得できているのには、守備の安定が欠かせない。

 ディフェンスリーダーの谷口は、「焦れるような展開でも、自分たちのプレー、サッカーをやり続けた結果だと思います」として、「こういうビックゲームで勝ち切ることができるチームになってきたなと成長を感じています」と手応えを噛みしめた。

 充実の一途をたどる川崎。更なるクラブのステップアップには、来季に挑戦するアジアでのタイトルが不可欠だ。Jリーグ王者として乗り込むACLでも圧倒的だったその強さを見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】念願の2冠達成!天皇杯優勝に沸く川崎の選手たちを厳選!

【PHOTO】リーグとの2冠達成!超攻撃的サッカーを支えた川崎サポーターを特集!

【PHOTO】選手・サポーターに惜しまれながら…18年の感謝を伝える中村憲剛を特集!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ