【ACL】FC東京、決勝トーナメント進出決定!パース・グローリーを1-0で下しF組を2位通過

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月03日

裏カードは4-1で蔚山現代が勝利

8分のアダイウトンが決めたゴールが決勝弾に。写真提供:FC東京

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は12月3日、グループステージ・F組の最終節を開催。FC東京とパース・グローリー(オーストラリア)の一戦は1-0でFC東京が勝利を収めた。

 また、同時刻にキックオフされていたF組もう一試合の、蔚山現代(韓国)と上海緑地申花(中国)の一戦は4-1で前者が勝利し、この結果、FC東京はグループステージを2位で突破し、決勝トーナメントへ駒を進めた。

 FC東京は負傷離脱のディエゴ・オリヴェイラに加え、累積警告で森重真人が出場停止。レアンドロ、永井謙佑がベンチスタートとなり、DF丹羽大輝、MF品田愛斗、FW田川亨介らが今大会初先発を務めた。

 試合は、立ち上がりから攻勢に出たFC東京が8分に幸先良く先制に成功する。品田からの浮き球のパスに反応したアダイウトンが、左サイドでディフェンスライン裏に抜け出すと、カットインから右足でシュートを放ち、ゴール右のサイドネットに突き刺した。

 先制したFC東京は相手のシュートを0本に抑えるなど、ペースを握り攻め続けるが、追加点は奪えず1-0で前半を折り返した。
 
 また、同時刻に行なわれている蔚山現代と上海緑地申花は2-0で蔚山リードで折り返したため、FC東京はこのまま勝ち切ればグループFの2位が確定する。

 そんな状況で迎えた後半、パース・グローリーは立ち上がりにMFディエゴ・カストロ、FWデイン・インガム、FWブルーノ・フォルナロリという3枚の攻撃的なカードを切り、反撃に出る。

 FC東京は、相手の攻撃を受けてこの日初となるシュートを打たれるが、GK波多野がガッチリとキャッチ。57分に安部柊斗、原大智を、さらに髙萩洋次郎とレアンドロを投入し再び押し返し、膠着した展開となる。

 その後も双方の助っ人選手たちを中心にカウンターからゴールを目指す展開となるが、ともに決定力を欠き、追加点は生まれなかった。前半の1点を守り切ったFC東京が1-0のスコアのまま試合終了のホイッスルを迎えた。

 また、裏カードの蔚山現代と上海緑地申花は4-1で蔚山が勝利したため、この結果グループFは勝点16で蔚山現代が1位、同10としたFC東京が2位通過を決めた。

 決勝トーナメント1回戦ではグループEを首位で通過した北京中赫国安(中国)と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ