【山形】歓喜の瞬間へと導いた「ハイプレス」

カテゴリ:Jリーグ

頼野亜唯子

2015年03月23日

バックアップメンバーが見せた意地と突き上げが刺激となる。

絶え間なく上下動を繰り返し、攻守に存在感を示したキム・ボムヨン(22番)。74分には値千金の決勝弾を決めた。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ホーム開幕戦を待ちわびた1万2000人のサポーターの前で、J1復帰後初勝利――。過去1分5敗と、一度も勝てなかった川崎を相手に「俺たちはこのやり方でJ1へ残留する」と言わんばかりに、真っ向から立ち向かい勝点3を掴んだ。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・3節

 相手の思うようにはさせまいと、立ち上がりからハイプレスを仕掛けた山形は攻撃の起点となる中村には松岡、アルセウの両ボランチに加え、FWの川西までもが目を光らせながらチェックに行く。

「時間を与えるとやられてしまうので、多少遅れてもいいからファーストディフェンスがしっかりアプローチをかけて、周りの選手がカバーする。ひとりでは抑えられないような選手は人数をかけて囲い込んだ」(石川)と話すように、各々が守備を意識しながらプレスの網にかけた。

 さらに、サイドの攻防でも主導権を握る。「今日のようなプレーを目指して日々頑張ってきた」と振り返った左WBキム・ボムヨンは、前線へのパスに何度もスプリントしてゴールへ迫り、守備では最終ラインまで戻って汗をかいた。

 その無尽蔵のスタミナで攻守に渡り抜群の存在感を示すと、遂には大役までも果たす。74分、右の舩津から上がったハイクロスの落下点にはエウシーニョが入ったが、競った川西に阻まれ中途半端なクリアに。そのこぼれ球に反応したキム・ボムヨンが右足を振り抜くと、抑えの効いた低い弾道のシュートが川崎のゴールを捉えた。

 このゴールが選手たちを勇気づけたのか、やや低下していた運動量は息を吹き返す。必死で山形の守備網に穴を開けようとする川崎の攻撃をことごとく跳ね返し、待望の瞬間を迎えた。

「チーム一体となって前からのプレスが上手くハマっていた」
 試合後の会見で石﨑監督がこう話したように、勝因はハイプレスが機能したことに尽きる。その伏線は18日に行なわれたナビスコカップ・清水戦(○3-1)にあった。

「リーグ戦に出ていない選手が前線から素晴らしいプレスをかけて勝った。良いお手本を見せてくれたんじゃないかなと思います」(石﨑監督)

 4日前に公式戦初勝利を挙げた勢いもさることながら、そこで見せたバックアップメンバーの意地と突き上げ。これもまた、今季リーグ戦での初勝利への要因だったろう。

 もちろん、この一勝でJ1の戦いを楽観できるほど、選手も監督もサポーターもウブではない。あくまでも「一歩前進」(石川)であり、「真価を問われるのは次のゲーム」(石﨑監督)。山形の戦いは、まだ始まったばかりだ。

取材・文●頼野亜唯子(フリーライター)

持ち前のハイプレスで今季リーグ戦初勝利を手にした山形。それでも石﨑監督は「真価を問われるのは次のゲーム」と気を引き締める。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ