インテルの10番が途中交代にまさかのブチギレ!なぜベンチを何度も殴りつける“愚行”を犯したのか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月26日

「ピッチの上でナーバスになっていた」

インテルの10番を背負うラウタロの行動が物議を醸している。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月24日に開催されたセリエAの第5節で、インテルはアウェーでジェノアと対戦。主砲ロメル・ルカクとDFダニーロ・ダンブロージオのゴールで、2-0の白星を挙げた。

 この試合で話題を集めているのが、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの振る舞いだ。

 1点リードで迎えた72分に、アンドレア・ピナモンティとの交代を告げられると、憮然とした表情でピッチを去り、スタッフとタッチを交わした後、なんともの凄い勢いで何度もベンチを殴りつけたのだ。

【動画】ラウタロがまさかのブチギレ!ベンチを殴打する衝撃シーンはこちら
 
 ただ、これは交代させたアントニオ・コンテ監督に対する不満ではなかったようだ。インテルの専門メディア『INTER NEWS』は、「ラウタロが交代後に激怒。何が起こったのか?」と題した記事のなかで、次のように綴っている。

「アルゼンチン人選手は、フィールドを去った後、激怒してベンチを数回叩いた。素晴らしい出来の試合ではなかったせいで、彼はすでにピッチの上で数分間ナーバスになっていた。成功したプレーはほとんどなく、ネットを揺らすチャンスすらなかった。それがインテルの10番を怒らせた理由だ」

 どうやら精彩を欠いた自身のプレーに腹を立てていたようだ。もし、規律には人一倍うるさい熱血指揮官への不満であれば、大事になっていてもおかしくなかっただろう。インテルのファンは、胸をなで下ろしているかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ