ついになでしこジャパンが始動! 高倉監督が国際Aマッチ実施の男子日本代表への思いを告白「シンプルに羨ましかった…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月16日

「オリンピックに向かってまた新たに進んでいきたい」

なでしこ高倉監督が会見に出席し、初選出3選手の評価や、男子日本代表への思いを語った。写真:早草紀子

画像を見る

 なでしこジャパンは10月16日に、トレーニングキャンプに臨む代表候補23名を発表。高倉麻子監督がオンライン会見に出席し、初選出となった3選手の評価や、約1年ぶりに国際試合を行なった男子日本代表への思いを語った。

 なでしこは今年3月にアメリカで行なわれ、3連敗で幕を閉じた「2020 SheBelieves Cup」以降、新型コロナウイルスの影響により活動が休止。今回のトレーニングキャンプは、約7か月ぶりの再開となる。

 久しぶりの活動を迎え、会見の冒頭に高倉監督は「3月のアメリカ遠征以降、コロナの影響でサッカー選手、またスポーツ全般の活動がなかなかできないなかで、今回こういった形でなでしこの活動ができることを本当に嬉しく思っています」と喜びを露わにし、来年7月に予定されている東京オリンピックへの意気込みを語った。

「オリンピックが延期になったことで、選手にはいろんな心のなかでの葛藤であったり、サッカー対してまた自分を見つめ直したというなかで、リーグが再開して選手のパフォーマンスを見て、またいろんなことを考え、オリンピックに向かってまた新たに進んでいきたいと強く思いました」
 
 一方で男子の日本代表は、欧州組限定のメンバーでオランダでの合宿を実施。10月9日にカメルーン代表と、13日にはコートジボワール代表との国際Aマッチが実現した。女子代表を率いる指揮官も、この取り組みを注視していたようで、「シンプルに羨ましかった」と率直な感想を述べた。

「本当にいよいよサッカー界が動き出しているなということを感じましたし、試合ができることに対して、もうシンプルに羨ましかったです。やはり強度の高いチームと、コンディションも良くゲームができているところは見て取れました。本当に高いインテンシティでゲームをやる重要性というのは私自身もひしひしと感じているので、男子が頑張っていることで選手も、代表として戦うという思いを強くしたと思います」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ