「唯一のゴールをウエダが決めた」ベルギー紙が自国でプレーする日本人選手の活躍を称賛!「ひとつ残念だったのは…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月14日

「元STVV所属の3人も先発に名を連ねていた」

セルクル・ブルージュに所属する植田(2番)。遠藤航(6番)、冨安健洋(16番)もベルギーでプレーしていた。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダのユトレヒトで、史上初の“欧州組”のみで組織された日本代表が臨んだアフリカ勢との連戦は、1勝1分で終わった。

 この様子を注視していたのが、ベルギーのメディアだ。今回、森保ジャパンに招集された三好康児が所属するアントワープの地元紙『Gazet van Antwerpen』は、「ベルギー・リーグでプレーする多くの選手がアフリカとの2連戦に参加していた」とその様子を伝えている。

 セルクル・ブルージュに所属する植田直通が劇的な決勝点を挙げたコートジボワール戦については、「日本は極端な方法で勝利を手にした。立役者となったナオミチ・ウエダはこの日唯一となるゴールを決めた。試合終盤にピッチに現われたにもかかわらず、だ」と報じた。
 
 さらに、自国リーグで活躍する他の日本人プレーヤーたちの活躍ぶりも、このように伝えている。

「ちなみに、ベールスホットに所属する鈴木武蔵は73分までプレー。さらに、この試合のスターティングイレブンには、GKにシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)、伊東純也(ヘンク)、鈴木とベルギー・リーグでプレーする3人の日本人が名を連ねた。しかも元STVVの冨安健洋、鎌田大地、遠藤航も先とで登場。ただひとつ残念ながら、アントワープの三好康児はベンチから試合を見守ることになった…」

 ちなみに、ベルギー・リーグでは今回招集された選手以外にも、鈴木優磨、伊藤達哉、中村敬斗、松原后(以上STVV)、森岡亮太(シャルルロワ)がプレーしている。チームで結果を残せば、もちろんチャンスが巡って来る可能性は十分にあるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ