釜本邦茂氏が、北陸富山で100名の小学生へ熱血指導! 「KAMAMOTO Football Festival in 富山」レポート

カテゴリ:PR

2020年10月15日

2020年、最初の会場は北陸、富山

写真●金子拓弥 協力●一般社団法人 富山市サッカー協会、カターレ富山

画像を見る

株式会社スリーボンドが主催する「KAMAMOTO Football Festival」の2020年の1回目が、9月20日、富山県の永森記念グラウンドで開催された。サッカー界のレジェンド、釜本邦茂さんと特別講師を務めた加地亮さんが、およそ100名の小学生たちを4時間にわたり指導。関わったすべての人が笑顔になった、充実のイベントをレポートする。
 

 2017年より春、夏、秋と年3回のペースで全国各地を回って開催されている「KAMAMOTO Football Festival」。

 2020年はコロナの影響もあり、9月の富山会場からのスタートとなった。募集定員を昨年の3分の2に減らしたが、それでも子どもたちが集まるかどうか、そんな運営スタッフの心配をよそに、受付開始からすぐに埋まってしまったとのこと。サッカーがしたい! うまくなりたい! という小学生およそ100名が、永森記念グランドに集結した。

 広々とした、手入れの行き届いた人工芝グラウンド、そこで教えてくれるのは、サッカー界のレジェンド釜本邦茂氏と元日本代表DF、加地亮氏。子どもたちにとって特別な時間になったに違いない。

 スケジュール前半は、低学年と高学年に分かれて、ボールを使ったストレッチやパス、ドリブルなどの基礎練習。見回る講師たちから「正確に!」、「もっと強く!」などアドバイスを受けていた。そしてシュートの名手だった釜本さんから、直接打ち方のレクチャーを受け、加地さんの手本を見る、というぜいたくなシュート講座を行なって、後半へ。

 皆がお待ちかねのミニゲーム大会では、疲れを見せず走り回る子どもたちに、参戦した加地さんも、カターレ富山のスクールスタッフも、たじたじの様子。子どもたちから「楽しい!」があふれていて、観覧した家族も、そしてスタッフもいつの間にか笑顔になっていた。

 フェスティバルの締めは恒例のリフティング大会。各学年の優勝者には、講師二人のサイン入りボールが手渡された。そして閉会式では、両講師から最後のアドバイスが伝えられ、約4時間のプログラムは大盛況のまま、幕を閉じた。

 釜本さんが全国を巡るこの企画は10月に愛媛松山、11月に茨城古河と、年内にあと2会場で開催予定だ。

(『サッカーダイジェスト』10月22日号より転載)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ