「試合の状況を理解していない」久保建英は“クローザー”に不向き? 現地紙が厳しい評価を下した理由

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月01日

「ポゼッションを必要としていた」

アラベス戦で75分から途中出場した久保。ここまで4試合で最もインパクトを残せなかった。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間9月30日に開催されたラ・リーガ第4節で、ビジャレアルはホームでアラベスに3-1と勝利した。

 中2日という過密日程ということもあり、ローテーションで先発起用も予想された久保建英は、4試合連続のベンチスタート。3-1と2点リードして迎えた75分から1枚目の交代カードとして出場したが、得意ではない左サイドでの起用ということもあり、試合終了間際にエリア内に持ち込んでシュートを放ったシーン以外は、インパクトを残せなかった。
 
 スペイン全国紙『AS』の評価も「星1つ」(3が最高)。低調なパフォーマンスに終わった理由を次のように綴っている。

「チームがボールポゼッションを失った時間帯に、フィールドに入らなければならなかった。また、彼自身がプレーすべき試合の状況をよく理解していなかったのも理由だ。彼はポゼッションを必要としていた」

 2点差を維持してゲームをクローズする状況で投入されたものの、短い時間で何とかアピールしようとした久保。そこにギャップがあり、上手くプレーできなかったということだろう。

 いずれにしても、勝負がほぼ決した75分からの出場で何かを残すのは難しい。次節、現地時間10月3日に開催される強豪アトレティコ・マドリー戦でのアピールに期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保建英が鮮やかなターンを披露!アラベス戦のハイライトはこちら
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ