新天地が決まらない“構想外”の香川真司、年俸問題を解決するために打った「奥の手」とは?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月27日

スペインの移籍市場は10月5日まで

移籍が決定的な香川。スペインでのプレーが望みだが…。(C) Getty Images

画像を見る

 スペイン2部のサラゴサに所属する香川真司は、2人しか登録できない「EU圏外選手」の枠から漏れた。契約は来年6月まで残っているものの、事実上の構想外であり、退団は決定的だ。

 だが、新天地はまだ決まっていない。地元紙『Heraldo』によれば、スペインでのプレーを望んでいる香川は、中東からのオファーを拒否。スペイン2部に昇格したログロニェスのオファーも断り、同じくセグンダのラージョ・バジェカーノや柴崎岳が所属するレガネスとの交渉も、現時点では良い感触ではないという。

 サラゴサではチーム最高額だった年俸もネックとなっているようだ。全国紙の『AS』は、「スポーツ面も経済面も満足させるオファーは来ていない」として、サラゴサが特別な手段を使ったと報じた。なんでも、3年分割で55万ユーロ(約7000万円)を香川に支払うことで合意したという。
 
 これで、サラゴサとしては今シーズンの年俸負担が減り、サラリーキャップ制によって定められている上限額に余裕ができる。また、獲得を狙うクラブにとっても、財政的なリスクがなくなる。

 当面の年俸が保証された香川は、フットボールの観点から新天地を選ぶことができるだろう。『AS』紙は「サラリー全額を支払うクラブがあれば、友好的に契約は終了しただろう」と綴り、“窮余の策”だったと伝えている。

 いずれにしても、これで交渉がスムーズに進むのは間違いない。スペインの移籍市場の締め切りは10月5日。注目の新天地は、はたしてどこになるのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ