小林悠のヘッドが決勝弾!1-0で川崎が湘南に競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年09月27日

前半の1点でスコアは動かず

決勝点を決めた小林。DFに競り勝ってヘッドを沈めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第19節]湘南0-1川崎/9月27日/BMWス

 J1の19節が9月27日に行なわれ、Shonan BMW スタジアム平塚では、湘南と川崎が対戦した。

 ホーム湘南のシステムは3-5-2。GKは谷、3バックは右から舘、石原広、田中聡、5枚の中盤のセンター3枚は右から茨田、金子、齊藤、右ウイングバックに岡本、左ウイングバックに古林、2トップには石原直、松田が入った。 

 一方、首位の川崎は通常と変わらずに4-3-3。GKチョン・ソンリョン、最終ラインは右から山根、ジェジエウ、谷口、車屋、中盤はアンカーに守田、インサイドハーフに脇坂、田中碧、3トップは右から家長、小林、旗手の並びとなった。

 試合はホームの湘南が積極的な立ち上がりを見せる。しかし、川崎は落ち着いて試合を展開すると、18分に先制ゴールを決める。相手エリア内右で田中碧の後方からの浮き球のパスを受けた家長はダイレクトでクロス。これを中央にいた小林がDFと競りながらヘッドで決めた。

 その後は5バック気味の湘南が守り、川崎が攻める構図が続く。もっとも川崎は決定機をなかなか生み出せず、湘南は44分にカウンターから、松田の右からのクロスを齊藤がヘッドで狙うも、わずかにゴール左に外れた。
 ハーフタイムで両チームはひとりずつ選手交代。川崎は左SBの車屋に代えて登里、湘南は左ウイングバックの古林に代えて鈴木を投入した。 

 52分に川崎は左の守田からのクロスを家長がヘッドで合わせるも、ゴールの右に逸れる。

 一方、湘南は56分、齊藤から右サイドで岡本がパスを受けるとクロス、逆サイドで茨田が合わせたシュートはGKチョン・ソンリョンがセーブし、こぼれ球を狙った石原直のシュートもジェジエウがブロックした。

 その後も両チームともゴールを目指すもスコアは動かず。1-0で首位の川崎が勝利。勝点を53に伸ばした。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ