「危険な場面でしたが、お互い必死です」“流血”した神戸GK前川黛也が怪我の状態を報告!「都倉選手からも…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月17日

頭部に包帯を巻いて、試合終了までプレー

怪我を負いながらも試合終了までプレーを続けたGK前川。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ヴィッセル神戸のGK前川黛也が17日、自身のツイッターを更新。前日の試合の際に負った怪我の状態を明かしている。

 前川は16日に行われたセレッソ大阪との“阪神ダービー”に先発出場。アクシデントが起こったのは前半33分だ。

 相手FW都倉賢がペナルティエリア内から放った強烈なシュートはセーブし、そのこぼれ球にも素早く反応して飛びつくも、詰めてきた都倉に頭部を蹴り上げられてしまう。

 都倉が一発退場となったこのプレーで、前川は額から流血。しばらくピッチ上で治療を続けたのち、頭部に包帯を巻いてプレーを続行した。試合には0-1で敗れたが、左目を腫らしながらも最後までゴールマウスを守っている。

 ファンから心配の声が上がるなか、前川は試合翌日、SNSにて次のようなメッセージを発信している。
 
「大好きなサポーターの方々へ。試合後検査のため病院へ行き、切り傷以外脳や目などの怪我は大丈夫でした。危険な場面でしたが、お互い点を取る、守るため必死です。試合中後も都倉選手からも謝罪はしっかり受けてます。またすぐ楽しいサッカーができるぞ」

 ひとまず大きな怪我ではなかったことを報告した前川。安堵したファンも多かったことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】神戸とC大阪の”阪神ダービー”の試合ハイライトはこちら
【関連記事】
【J1採点&寸評】神戸0-1C大阪|数的不利をはね返す15年ぶりの6連勝! 値千金弾のテクニシャンが最高評価!
18歳未満の国際移籍は原則禁止…久保建英と同じ道は歩めない中で「第二の久保」を日本で育むには?
「他の監督は経済的な面を重視したが…」ザッケローニが日本代表を指揮した理由を告白!
「芸術の域」「このミドルをおかずに丼飯食える」札幌MF駒井善成が決めた、実況も絶叫の“超絶ゴラッソ”が反響!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ