「新しいフルバックを探している」英1部ウエストハムが冨安健洋に興味? 指揮官モイーズのターゲットと英紙報道

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月04日

イタリア2年目を迎える21歳日本代表DFへ熱視線

数々の国内外クラブから興味を示されている冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に対して、プレミアリーグのウエストハムが獲得に興味を示しているようだ。英紙『Evening Standard』が報じている。

 同紙は、デイビッド・モイーズが指揮官を務める同クラブは、昨シーズン主力だったグレイディ・ディアンガナらの移籍を容認する方向だという。そして、捻出した資金でストライカーや守備陣の補強を考えているようだ。

 そのうちのひとつがサイドバックで、「モイーズはフルバックに新しい顔を欲している」(『Evening Standard』)ようだ。クラブはイタリア1年目で実績を残した冨安を、長期的な視野でチームの主力に育てたい考えだという。また、時を同じくしてニューカッスルも獲得に興味を示しているようだと伝えた。

 冨安は昨年7月、シント=トロイデンからボローニャに移籍し、1年目のセリエAで右SBを主戦場とし、29試合に出場。“守備の国”イタリアで高い評価を受けており、イタリア国内でもミランやローマといった有名クラブからの関心が報じられている。

 とはいえ、新シーズン開幕を見据えたプレシーズンに突入したボローニャでは、冨安を右SBではなく、本職のCBで起用するなど、シニシャ・ミハイロビッチ監督の構想内にしっかり入っている様子。

 ボローニャ側は、冨安の移籍金として2500万ユーロ(約31億2500万円)を提示しているとされ、以前に、ワルテル・サバティーニTDはメディアに対して「これでも安すぎるかもしれない」と発言。手放す意志は見せていないため、ウエストハムへの移籍は難しそうな気配も漂っている。

 セリエAは9月19日に新シーズンの開幕を迎える。活躍の場がどこであれ、21歳日本人プレーヤーの奮闘に期待したいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ