久保建英はビジャレアルにフィットするのか――スペイン人戦術アナリストの見解は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月07日

「多様な戦い方をするチームのほうが得ることが多い」

6月16日のビジャレアル戦でプレーする久保。(C) Getty Images

画像を見る

 熾烈を極めた争奪戦は、ようやく決着を見たようだ。

 レアル・マドリーから武者修行に出たマジョルカで、鮮烈なラ・リーガ1年目を送った久保建英には、国内外のクラブからオファーが殺到。だが、ここにきてビジャレアルとマドリーが合意に至り、あとは正式発表待ちと『AS』紙など複数の現地メディアが伝えている。

「サッカーダイジェストWeb」では先日、スペイン人戦術アナリストのアドリアン・ブランコ氏に、「久保にとってオススメの移籍先はどこか」を挙げてもらった(8月1日配信)。実際に候補として挙がっているかどうかにかかわらず、あくまで戦術的な観点から相応しいクラブをチョイスしてもらったのだ。

 まだシーズンが終わったばかりなうえ、新監督を招聘したクラブも少なくない。難しいタイミングのなか、ブランコ氏がバレンシアとともに最も適した移籍先として挙げたのが、他でもないビジャレアルだった。

 ブランコ氏は、前提としてマジョルカよりもレベルが高く、久保がより攻撃に専念しやすいチームを推奨。新監督に就任したウナイ・エメリの存在やレギュラー争いなども考慮して、ビジャレアルを「理想の移籍先」に挙げていた。

 まず、エメリ新監督については、「攻守の比重やポジショニングのバランスを重んじながら戦い方を調整する卓越した戦術家」と評価。「久保の主戦場は逆足の右サイドになりそう」としたうえで、「様々な局面でのプレーを経験することで、テクニック、フィジカル、戦術眼といった要素をさらに磨くことができる」と、推す理由を明かした。

 そして、「レアル・ソシエダやベティスのようなポゼッションを重視するスタイルを採用するチームよりも、むしろ多様な戦い方をするチームのほうが得ることが多い」と主張している。

【動画】敵DFが久保に激怒!強豪アトレティコ戦で披露した衝撃のドリブル
 久保にとっては、2021-22シーズンにマドリーのトップチームに入るための武者修行であり、パリ・サンジェルマンやアーセナルも率いた智将の下で、幅広いプレーを学んだほうがプラスになるということだ。

 実際、マジョルカでは、ビセンテ・モレーノ監督の守備的な戦術により、長所を発揮できずに苦しんだ部分もあったとはいえ、ディフェンス面の成長は見違えるほどだった。

 また、右サイドのポジションを争うライバルはサムエル・チュクウェゼで、エースのジェラール・モレーノがCFではなくこのポジションに入るケースもあると紹介。いずれにしても、層が厚いとは言えない。ヨーロッパリーグとの二足の草鞋を履くのだからなおさらだ。

 こうして様々な観点から見て、久保は最適な移籍先を選んだと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ