【EL結果一覧】セビージャがローマとの強豪対決を制す!鎌田&長谷部出場のフランクフルトは敗退。準々決勝の組み合わせは?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月07日

得点ランクトップタイの6点を奪っている鎌田も不発

ローマ戦で追加点を奪い、喜びを表現するセビージャのエン=ネシリ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月6日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ16の残り4試合が行なわれた。

 第1レグが中止となり、一発勝負で行なわれたセビージャ対ローマの強豪対決は、前者が2-0で勝利した。

 史上最多5度のEL制覇を誇るセビージャは開始22分、左SBのレギロンがドリブルで持ち込み、そのままエリア内に進入して左足を一閃。セビージャのライバルであるベティスのゴールマウスも守ったGKパウ・ロペスの脇をすり抜けるシュートで先制ゴールを挙げる。

 44分には、カウンターが炸裂。好調オカンポスがGKを引きつけて出したパスをエン=ネシリが決めてリードを広げる。

 後半はローマの反撃を受けたものの、無失点で凌いだセビージャが完封勝利。6度目の戴冠に向け、難関を突破した。

 ホームでの第1レグを0-3で落としたフランクフルトは、バーゼルとのアウェーゲーム。鎌田大地はトップ下で先発出場し、ベンチスタートの長谷部誠は後半頭から投入された。

 大逆転勝利を狙って、前半から押し込んだフランクフルトだったが、最後の30メートルでの精度とアイデアに欠け、バーゼルの堅牢を崩せない。ここまで得点ランクトップタイの6点を奪っている鎌田も不発。試合終了間際に失点を喫し、万事休した。

 そのほか、51分のディアビのゴールでレンジャーズ突き放したレバークーゼン、開始早々のヒメネスのPK弾を守り切ったウォルバーハンプトンがベスト8に駒を進めた。

6日に行なわれたラウンド・オブ16の4試合の結果は以下の通り。

レバークーゼン1-0レンジャーズ(2試合合計4-1でレバークーゼンが勝ち抜け)
セビージャ2-0ローマ
バーゼル1-0フランクフルト(2試合合計4-0でバーゼルが勝ち抜け)
ウォルバーハンプトン1-0オリンピアコス(2試合合計2-1でウォルバーハンプトンが勝ち抜け)

 準々決勝の組み合わせは、コペンハーゲン対マンチェスター・ユナイテッド、インテル対レバークーゼン、シャフタール・ドネツク対バーゼル、セビージャ対ウォルバーハンプトンとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「ピピすげえな」中井卓大がフベニールAに飛び級で昇格か?マドリーの“始動動画”にファン騒然!
【主な日本人欧州組のシーズン通信簿|FW編】スペインで二桁得点の岡崎ら3人を最高評価! 「天国と地獄」を味わったのは?
【主な日本人欧州組のシーズン通信簿|MF編】躍動した久保建英を上回る最高評価は? 中盤15選手を一挙採点
【安永聡太郎】久保建英はなぜ中断明けから“王様”になれたのか?「中田英寿以来かもしれない」
香川真司所属のサラゴサが「昇格プレーオフの開催回避」を直訴! 州サッカー連盟と共同声明を発表

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ