優勝セレモニーにも姿なし…“蚊帳の外”の中島翔哉に現地メディアが辛辣評価「時間がかかり過ぎている」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月18日

16試合に出場してノーゴール

再開後はチームに合流していない中島。(C)Getty Images

画像を見る

 中島翔哉が所属するポルトは現地時間7月15日、ポルトガル・リーグの第32節で難敵スポルティングに2-0で勝利。2節を残して、2シーズンぶり29回目のリーグ制覇を決めた。

 2位ベンフィカの追撃を振り切り、その宿敵からリーグタイトルを奪還したポルトの面々は試合後、ピッチで喜びを分かち合った。

 ただ、残念ながらその中に中島の姿はなかった。コロナ禍における家族の事情により、中断明けからチームに合流していない日本代表MFはこの日もベンチ外。試合後のセレモニーにもひとり姿を見せなかった。
 
 大きな期待を受けて加入しながら、インパクトを残せなかった10番について、現地メディアは厳しい評価を与えている。

 ポルトガル・メディア『SAPO DESPORTO』は、このリーグ優勝を受けて、ポルトの全選手のシーズンを通した寸評を掲載。中島については、「最も高額の契約だったナカジマは、セルジオ・コンセイソン監督のスキームに入るのに時間がかかり過ぎている」として、次のように綴った。

「クリエイティブな日本人選手は、16試合に出場しただけで、まだゴールを決めていない。スタメンは11回あったが、チームのシステムにフィットするのに苦労した。フィジカルを要求される場面が少なくないため、ナカジマは不利な立場に置かれている。ボールのないところでの攻撃性の欠如も、助けにならなかった」

 ピッチ内外で「蚊帳の外」のような状況になってしまった中島。はたして、このままポルトに残留するのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本屈指のドリブラー!中島翔哉のキャリアを振り返る!2012-2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ