【湘南ベルマーレの最新序列】2トップを巡るバトルは熾烈を極める! 齊藤ら人材豊富なボランチも混戦に

カテゴリ:Jリーグ

隈元大吾

2020年07月11日

連戦のなかでも動きの少ないのは最終ライン

湘南の最新序列。②=2種登録、㊕=特別指定 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月の開幕から、コロナ禍での約4か月の中断期間を経てJ1リーグも7月4日から再開された。“第2の開幕”とも言える、第2節、3節の2試合を終え、チーム内でも変化が生じている。スタメン争いの構図や今後の台頭が予想される若手などを踏まえ、湘南の最新チーム内序列を紹介していく。
 
―――◆――◆―――
 
【FW】
 再開初戦の仙台戦では石原直樹とタリクという経験と実績を携えたベテランがスタメンに名を連ねた。対して、続く横浜戦では中川寛斗と指宿洋史が先発。両者は前線で守備に献身し、中川は先制点もマークした。そのほか、仙台戦で途中からFWに回った松田天馬や途中出場の岩崎悠人、また負傷離脱している梅崎司と大橋祐紀も控えており、2枠を巡る競争は熾烈だ。スタメン争いが混沌とするなか、連戦ではコンディションを踏まえて様々な組み合わせが見られるだろう。

【MF】
 最も人数の厚い3ボランチ。右サイドは東京五輪世代の齊藤未月が2試合で連続してスタメンを張った。左サイドは、仙台戦では松田天馬が、横浜戦では山田直輝が先発。また中央は、福田晃斗が仙台戦にフル出場し、横浜戦に先発した金子大毅も試合を通して特徴を発揮した。横浜戦でJ初出場を果たしたユースの田中聡を含め、このポジションも競争は激しい。一方、ウイングバックは主将の岡本拓也と横浜戦で今季初ゴールを決めた鈴木冬一が一歩リードか。
 
【DF】
 連戦のなかでも動きの少ないのが最終ラインだ。仙台戦、横浜戦と2試合続けて、坂圭祐がリベロを、石原広教が右CBをそれぞれ務めた。一方、左CBは、仙台戦では大岩一貴が先発し、横浜戦では大野和成がスタメンを張った。大野は仙台戦でも途中出場から好プレーを見せ、存在感を発揮している。なお、最終ラインの人数は、図では他のポジションに比べて少ないが、岡本が右センターバックを務めるなど、ポリバレントな起用も考えられる。
 
【GK】
 初戦のルヴァンカップを含め、今季はこれまで富居大樹がスタメンを務めている。持ち前のビルドアップ能力は、遅攻を標榜するチームに欠かせぬ武器だ。一方、後ろに控えるメンバーのポテンシャルも高い。堀田大暉は中断期間中にJ2金沢へ期限付き移籍(8月29日まで)したが、昨季その金沢で1年間武者修行を積んだ後藤雅明とG大阪から今季期限付き移籍で加入した谷晃生は、いずれもトレーニングで好パフォーマンスを示している。熾烈な競争のもと、チャンスは誰にもあるだろう。
 
取材・文●隈元大吾(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ