「驚くべきことに…」海外メディアが日韓W杯に参加した“現役選手”を特集! 日本代表からは小野伸二と――

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月08日

日本人初の欧州制覇を経験した小野と…

2002年日韓W杯に日本代表として出場した小野。(C)Getty Images

画像を見る

 2002年5月31日、2000年代初のワールドカップが日本と韓国の2か国共同で開催された。フィリップ・トルシエ監督が率いる日本代表は、同大会で初のノックアウトステージ進出を決めた。

 そんななか、ベルギーメディア『Voetbalkrant』は、18年前の当時を回顧する特集記事を掲載。「736人もの選手が自国の名誉のために戦い、そのうちの数人は今も現役で活躍している」と、今もなお戦い続けるベテラン選手たちを紹介している。

 42歳になった元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)、38歳の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)、元スペイン代表MFホアキン・サンチェス(ベティス)らとともに、日本から名前が挙がったのはMF小野伸二(FC琉球)と、GK曽ケ端準(鹿島アントラーズ)だ。

2002年の日韓大会でメンバー入りしていた曽ケ端。写真は2004年時のもの。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る


「2002年に日本代表としてプレーしたふたりの選手は、まだスパイクを脱いでいない。彼らはふたりとも自国で活躍し、オノは日本人として初のヨーロッパリーグ戴冠も経験した。そして驚くべきことに、ソガハタは1998年からずっと(!)カシマに在籍し続けている」

 そして、同メディアは長くキャリアを重ねている選手たちを、このように称えている。

「フットボールの世界で、18年というのはまるで永遠のように長い時間だ。プロの最高のレベルでそこまで長く続けることができるプレーヤーは、そう多くない。だが彼らは今も、最前線で戦い続けているのだ」

 当時22歳だった小野と曽ケ端も今や40歳。ベテランとしてキャリアを積み重ね続ける彼らが、少しでも長くピッチ上で活躍し続けてくれることを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ